【レジ袋有料化】地球に優しいレジ袋、知ってますか?

PRECIOUS DAYS 整理収納サポートメンバー

リユースオーガナイザー滝口明子です。

2020年7月1日から始まったレジ袋有料化で私たちの生活もそれに対応することが必須となりました。地球環境を守るために必要なことですがすぐにできることとそうでないことがあります。我慢ではなくやったら気分が上がることを少しずつ取り入れて、自分のできることから少しずつ変わっていけばいいと私は思っています。

レジ袋がを減らすことでできる貢献

私たちがなるべくレジ袋をもらわない代表的な効果は次の3つです。

●二酸化炭素CO2削減=地球温暖化の貢献
●プラスティックゴミの削減=海の豊かさを守る
●石油資源の節約=限りある資源を守る

なんのためにやるのか、まずはそれを意識しておくことが大切です。

そのうえで

すぐにできること エコバッグの持ち歩き

レジ袋有料化にともない便利なエコバッグや可愛いエコバッグをたくさん見かけるようになりました。
コンビニへのちょこっと買い物や、仕事帰りにプラス食材を買ったり、車で大量買いをしたりとエコバックも用途によって大きさや機能を選ぶ必要がありますが、その選ぶこともまた楽しみだったりもします。

メンバーのこま田はエコバッグ選びのこだわりを記事にしています。

【エコバッグ】レジ袋有料化と新入りエコバッグ
2020年7月から本格的にレジ袋が有料化されました。私は以前からエコバッグを持ち歩いているつもりでしたが、今回本格的に有料化されたことで、「意外と持ち歩けていなかった」ということに気づかされました。この機会に持っているエコバッグの見直しをし新たにエコバッグも購入してみました。

すぐにできないこと ゴミ袋をどうするか

レジ袋をもらわない買い物はエコバッグで解消しますが、レジ袋をもらわないことで困ったことも出てきます。それはゴミ袋をどうするか。

大人3人家族、24時間ゴミ出しができるマンション住まいのわが家にとってレジ袋はサイズ的にもゴミ袋としてちょうどよく便利に使っていました。

ですからいきなりレジ袋をゼロにする生活は考えられないというのも本音です。

私が無理なくできること

植物由来のプラスチックを使用しているレジ袋を使うことにしました。

バイオマス25・30・50

この数字植物由来の原料の比率です。
実はこの袋はコンビニのセブンイレブン(バイオマス30)やスーパーのサミット(バイオマス50)で有料(5円)で購入したレジ袋です。

せっかく有料で買うのであれば、このような環境に配慮できるレジ袋を購入したいですね。

今まで無料だったものが有料になるとちょっと抵抗を感じますが、環境募金だと思えば気持ちも楽です。

ちなみに、包装資材屋さんで購入したバイオマス25のレジ袋は100枚は442円でした。
1枚4.4円です。

買い物の時レジ袋を忘れても、5円出して買うのもあまり変わりません。

環境のためへの投資

レジ袋がやめられないのであればより環境に配慮したものはないかと探しました。

100%生分解性ゴミ袋です。
コンポストできるゴミ袋なんて、ストレスフリーなゴミ袋ですね。

今回購入したのは
10L(袋サイズ 43×46cm)50枚入り 1599円 1枚32円

食品保存袋(袋サイズ 27×49cm)150枚入り 1399円 1枚9.3円

どちらも海外製品で10Lの袋は入荷1ヶ月待ちです。

少しお高めなので、ゴミを出さない工夫もしたくなります。
日本でも100%バイオの製品が当たり前になる日がきてほしいと思います。

理由がわかれば納得できる

レジ袋の有料化も理由やその金額の裏付けがわかれば納得できます。

リユースオーガナイザー2級認定講座はこんなレジ袋の話から地球環境の話まで幅広く知識をつけていただく講座になっています。

リユースオーガナイザー2級資格認定講座

2020年7月25日(土)10:30~13:00
PRECIOUS DAYSセミナールーム(都営新宿線菊川駅徒歩3分)

お申し込み詳細は↓↓↓からお願いします。

リユースオーガナイザー2級認定講座
リユースオーガナイザーとは・・・リユースの知識や技術を持つ「捨てない片づけ」を促進するスペシャリストライフスタイルにリユースを定着させることを目的とし、モノが手放せず片づけに悩む人たちをサポートするスペシャリストであり、ごみ...
タイトルとURLをコピーしました