滝口明子 – Akiko Takiguchi – プロフィール

東京都世田谷区在住
夫・社会人の長女と3人暮らし

捨てるから始めない片づけをしませんか?

こんにちは

PRECIOUS DAYS 滝口明子です。

環境に優しい片づけを軸に50代からの穏やかな人生と暮らしを作り上げていくお手伝いをしています。

さあ片づけよう!と思った時「捨てたら片づく」「捨てなきゃ片づかない」それが苦しくて片づけの手が止まってしまった経験はありませんか?

「捨てる」を手放したら見えてきたもの

私自身、築20年の自宅をリフォームした時や実家の片づけに取り組んだ時「捨てなくては」「減らさなくては」に苦しみました。しかし一旦「捨てる」をやめてみたところ、不思議なことにこれからの私の人生に本当に必要なものが見えてきました。

この経験を生かし整理収納サポートや講座を通じて「捨てられないから片づけられない」と苦しむあなたのお役に立ちたいと考えPRECIOUS DAYSのメンバーになりました。

もったいない、持っていたいという気持ちは自然なこと。

そのお気持ちに寄り添い、自分にとって大切なものはしっかりとお手元に残し、その上で手放すものはモノの命を活かす方法、環境に配慮した方法をご一緒に考えていきます。

10年先20年先を考えた片づけを

ライフオーガナイザーになる前はほぼ専業主婦、子育て中心の忙しくも充実した毎日でした。

私の暮らしの中心だった一人娘が高校生になり手が離れるころ、ふと娘が巣立った後の生活を考えるようになりました。

そしてちょうど築20年の自宅はそろそろ壁紙や床の傷み、水回りのリフォームも必要になるころで、今後の人生、暮らし方について真剣に向き合いました。

そのリフォームのプランニングの時

「この先どんな生活をしたいか?」
「そのために必要なものはなにか?」

自分たちにとって必要なもの・大切なものを1つ1つ選び取ることを繰り返しました。

それまでも片づけのプロとしてお客様に「選び取ることが大切」と伝えていましたが、リフォームという大きな暮らしの変化の中、自らが選ぶことにとことん向き合うことでさらに精査し選び取る力を磨きました。

また、偶然にも同時期に身近な人たちとの死別もあり、相続したものと長い時間をかけて向き合うこととなりました。

代々引き継いだ着物や戦後から持ち続けていたセピア色の写真の整理・以前の持ち主が大切にしていた数々のものや和風建築特有の欄間や障子などの建材・火鉢や練炭など。

価値あるものの価値を判断する力を身につけました。

80代の親の家の片づけや相続したものの持ち方を悩んだ経験から、50代の今だからこそ自身の生活を考えることがシニアの世代の不安を取り除くことにつながると実感しています。

人生100年時代、10年先も20年先も片づけに追われることのない暮らしを目指しています。

私の経験があなたのお役に立てることを願っています。

滝口明子 実績

整理収納サポート

100年続いた本家の取り壊しによる遺品整理
80代シニアご夫婦のご自宅の整理収納サポート
三世代続いた家家財一式撤去作業
実父の相続&遺品整理

講座・視察

2016年よりリユース講座を開催
2019年10月徳島県上勝町(ゼロウェイスト推進施設)視察

掲載・撮影

2018年11月「片づけのプロが教える心地いい暮らしの整え方(三笠書房)」撮影協力
2019年  5月 ハルメク 自宅の収納アイデア紹介掲載
2019年  8月「賢く暮らす片づけ&収納術(Gakken)」撮影協力

 

 

 

 

所有資格

ライフオーガナイザー®️
リユースオーガナイザー

私にとってのPRECIOUSな時間好きな空間・ものに囲まれてリラックスして過ごす時間

滝口明子 略歴

1965年東京都世田谷区生まれ。

大学卒業後企業に勤め、出産を機に専業主婦となる。
子育てを一番の仕事として全うする。
子育て終了機にライフオーガナイズを学び、
2015年ライフオーガナイザー®️資格取得後起業
2016年東京都古物商許可証取得

タイトルとURLをコピーしました