【古着deワクチン】不要品が誰かのためになる

PRECIOUS DAYS 整理収納サポートメンバー

リユースオーガナイザー滝口明子です。

片づけると必ず出てくる自分にとっての不要品。まだ使えるのにゴミにするのはもったいないと思えるものは、「古着deワクチン」を利用しています。

100枚入る専用回収キット

ご覧の通り古着でワクチンの専用回収キットは人がひとり入れるくらいの大きい袋です。薄手の洋服で100枚入りますが、自分ひとりで100枚分の衣類を出すのは難しいときはPRECIOUS DAYSのセミナールームに持ち込みます。

PRECIOUS DAYSは「古着deワクチン」を支援しています

セミナールームで開催している講座などにお越しの際は是非ご不要になったものをお持ちください。PRECIOUS DAYSではあなたに変わって必要とする人のもとへお届けします。着なくなったものや使わなくなったものをただ捨てるのではなく誰かのために使ってもらうための寄付。気持ちよく手放せる方法の一つとしてご活用ください。

古着deワクチンの4つの取り組み

1、1口につき5人分のワクチン代が寄付されます。
2、専用回収キットなどの発送は障害者の方のお仕事につながっています。
3、開発途上国で衣類の選別作業を行うことで雇用が生まれます。
4、開発途上国で選別された物が販売されます。
以上のメリットが仕組み化されています。
詳しくはこちらをご覧ください。

服・古着・バッグを寄付・整理して、お部屋と心がスッキリ!-古着deワクチン-
不要になった服・古着・バッグを送って、誰かの役に立つように出来る便利なサービス。お部屋が片づき、送ったものを再利用してもらうのと同時に、世界の子供たちにワクチンを寄付する事で社会貢献にもなる「古着deワクチン」。不要衣類・古着・バッグの寄付・回収なら、ぜひ古着deワクチンをご利用ください。

 

【参考】不用品と不要品の違い
不用品とは、使えなくなった物や壊れたもの
不要品とは、自分には必要なくなったけれどもまだ使えるもの

タイトルとURLをコピーしました