【防災備蓄】カラダに優しい備蓄食

PRECIOUS DAYS 整理収納サポートメンバー

リユースオーガナイザー滝口明子です。

9月1日は防災の日でした。
この時期にはマンションの管理備蓄や夫の会社の防災備蓄を見直すため、消費期限が迫っているものは各人に配給されます。今年は自宅マンションからは「アルファ米」を、夫の会社からは「和風リゾット」をいただきました。

イシイの和風リゾットを試食

災害時は心も体も弱ってくるという話をよく耳にしますので、備蓄食は少しでも心が和らぐような食事を用意しておきたいと思い、試食をした上でこれなら美味しく食べられるだろうと判断したモノを備蓄食として用意するようにしています。
今回は試したことのない「イシイの和風リゾット」はを試食する機会となったので早速いただきました。温めなくても食べられるものですが、温められる環境で食したと仮定して温めてより美味しい状態でいただくことにしました。

わが家の備蓄食候補

リゾットシリーズにはトマト風味を生かした「イタリアンリゾット」ととうもろこしの甘みを生かした「洋風リゾット」とかつおだしを生かした「和風リゾット」があります。
今回試食したのは和風リゾットだったので、リゾットというよりはおじやの方がイメージに近いと思います。
イシイと聞くとおべんとうのミートボールを思い浮かべるので、味は濃いめなのかと想像してしまいましたが、薄味で玄米をしっかり感じることができてか歯応えがあります。風を開けるとカツオの香りがフワッと広がります。1人前なのですが400グラムと表示されていましたので、やはり量は少し多く感じました。しかし、無駄なものが入っていないので胃の負担も軽く美味しくいただきました。
そして何より、イシイが備蓄食にこだわっているポイントがとても良かったので我が家の備蓄食に加えることを検討したいと思います。
まずは、玄米が苦手な夫にも試食してもらって感想を聞いて、イタリアンリゾットと洋風リゾットも試してみてからわが家の備蓄食にするか決めていきます。そもそも夫の会社の備蓄食なので夫が食すことになることもあるので慣れておいた方がいいかもしれないとも思うところでもあります。

イシイの3つのこだわり

イシイが備蓄食でこだわっているポイントは3つありました。
1、すぐ食べられること
2、アレルゲンを含まない
3、食物繊維を含んでいる

温めた方が美味しいのですが、お湯が沸かせない状況の時もあるでしょう。万が一お湯が沸かせなかったときには開封してそのまま食べられるものがいいですね。
また、食物アレルギーの原因となりやすい特定原材料28品目が使われていないことと食物繊維を多く含んでいることが安心安全に配慮しているところがさらにいいですね。アレルギーに敏感な方にはこの備蓄食をおすすめしたいです。
裏の表示を見てもシンプルな材料で、「玄米・野菜(人参、牛蒡、椎茸)・清酒・食塩・かつおぶし」という潔さ。ここが一番の気に入ったポイントです。
また、イシイは商品一つ一つの原材料の産地や農薬検査状況などを公開しています。安心して買い物ができるこのような会社が増えてくれるといいなと思っています。

サイト見るとリッゾットの他にもたくさんの種類の備蓄食が展開されていましたので防災備蓄食をお考えの際の参考にしてください。

イシイの非常食セット 日常でも食べられるおいしい防災食|石井食品
約4年間の長期保存ができる、無添加調理で安心のイシイの非常食セットです。災害時には調理不要の防災食として活用でき、常備しておいて日々の食卓にもさっと用意できます。
タイトルとURLをコピーしました