【床掃除】多機能スチームモップのメリットデメリット

こんにちはPRECIOUS DAYS 整理収納サポートメンバー

クローゼットオーガナイザー(R)高橋朋子です。

わが家は、スリッパを履く習慣がなく、一年中裸足生活です。男子3人、犬2匹がいると床がとても汚れるため、月に1度スチームモップで床の水拭きをしています。現在使用しているシャークのスチームモップの良い点と使いにくい点についてご紹介します。

目次

わが家の床そうじ

毎日のちりやホコリの床そうじはお掃除ロボットのルンバ、そして、汚れのこびりついた床はシャークのスチームモップで月に1度念入りに水拭きをしています。

SHARK 2-IN-1 プロスチームモップ

【公式】SharkNinja(シャークニン...
【公式】SharkNinja(シャークニンジャ)| アメリカのボストン郊外に本社を置く家庭用フロアケア、そしてキ... SharkNinja(シャークニンジャ)は、アメリカのボストン郊外に本社を置く家庭用フロアケア、そしてキッチン家電を開発し提供するリーディングカンパニーです。

モップとハンディが使える多機能なものです。機能がたくさんあると色々な場所で掃除ができてよいと思ったのですが、実際に使ってみると良い点と使いにくい点がありました。

良かったところ

・スチームで汚れがよく落ちる


(こんなに汚れがとれます)
・100℃の高温スチームで殺菌効果がある
・パッドが両面使えるので交換が少なくて楽

パッドは2枚ついてきます。両面使えるので計4回キレイな面で拭くことができます。わが家の場合、リビングダイニング、キッチン、洗面室、寝室、廊下は4面で終わります。
・汚れがひどいところには直接スチームがかけられる。
・ハンディとモップの両方使える
本体の中央の丸い部分を取り外せばハンディとしても使えます。
・パッドは洗濯機で洗える

液体洗剤は使用可能ですが、粉洗剤、漂白剤、柔軟剤は使用不可です。

使いにくいところ

・重い
・ハンディの衣類用スチーマーは重くて使えない
洋服のしわ伸ばしにも使えたらスチームアイロンがいらなくてよいと思ったのですが、あまりの重さに長時間の使用ができずスチームアイロンの代わりにはなりませんでした。
・給水が面倒
途中でお水がなくなるので、追加する必要があります。今回のそうじで水を4回給水しています。

感想

想像していたよりも重さがあり、移動させたり、パッドの交換時に持ち上げるのが大変に感じます。ハンディとしてキッチンや浴室、洗面室などに使いたいと思い、多機能な機種を選びましたが、ハンディとして使った時に意外と重かったことでモップ以外の機能はほぼ使っていません。1つのものにたくさんの機能がついていると「便利そう」「お得」と思って惹かれるのですが、機能が少ない方が軽くて扱いが楽になり、もっと使用頻度が増えたかもしれません。モップは、床の汚れがよくおちて、掃除が終わった後の床はワントーン明るくなり足触りも気持ちが良く気に入っています。

さて、本日は週1リセット部の「月曜から片づけ」Facebookライブがあります。
週末に乱れてしまったお部屋を一緒に片づけて、今週を気持ちよくすごしませんか?今回は、部長ゆかこが自宅のリビングを片づけます。
21時にお会いしましょう

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1219236888498815&id=492978547791323

 

お友達に共有する
目次