【洗面所収納】「いつか」がこなかったアクセサリーの見直し

こんにちは

PRECIOUS DAYS 整理収納サポートメンバー

片づけ脳力(R)トレーナー山口ゆかこです。

先週は洗面台の鏡うらの収納についてお届けしました。娘の要望だけでなく、自分のスペースも見直しました。すると使っていないヘアアクセサリーがでてきました。そこで一緒にヘアアクセサリーとピアスの見直しをしました。「いつか」のいつかはこないのだと改めて感じました。

【洗面所】2時間で鏡裏収納の配置換え
わが家の洗面台は3面鏡で3人家族なので1人1列つかっています。真ん中が共用部分と娘のゾーンになっています。先日、娘が「ママの洗面所ゾーンの方が広くない?物が増えてきたから交換して」と言われました。広さは変わらないと思うけど、要望にお応えして交換することにしました。

アクセサリーの定位置は行動別

私のアクセサリーといえば、ピアス、ネックレス、ヘアアクセサリーの3種類です。ネックレスは洋服に着替えるときに身につけるのでクローゼットの中にかけてあります。ピアスは鏡を見ながらつけますし、お風呂に入るときはずすので洗面台下の収納にいれています。ヘアアクセサリーも朝の身支度のときにセットするので洗面所に置いてあります。片づけの苦手な私は戻せるように行動パターンにあわせて置く位置を決めました。

実は使えないものが多かった

ピアスとヘアアクセサリーをすべてだして並べてみます。

意外と多かったのが、片方なくしたピアスや塗りがハゲてしまったピアスでした。

片方なくしたピアスは「でてきたらつけるかも」、ハゲていたものは「気にしない時につけるかも」でとっていました。しかし、ピアスはみつかることもないし、見つかったとしてもベッドの下からでてきてホコリまみれだったりしてつける気になれません。

またハゲを気にしなくていい時なんてあるわけもなく、つけることがありません。今回、その「かも」はこないと確信し、処分することにしました。また、ヘアアレンジをしていた時に集めたヘアアクセサリーも手放すことにしました。

仕分け後の行く先を考える

使うものは元はいっていた小分けケースに戻しました。大きいピアスはケースに入らないので別のケースにいれることにしました。使えるけど使わないアクセサリーは近々古着deワクチンをだすので一緒にだすことにしました。今回は寄付する先があったので完全にこわれているものだけを処分することができました。手放したいけど「まだ使える」と手放す気持ちになれないときは家の他の場所も見直してひとまとめにして寄付できると家も心もスッキリします。

いつか使うかも・・・をご一緒に整理しませんか?

整理収納サポート
→ オンラインでの片づけサポートを希望する方はこちらへ【オンライン片づけレッスン】→ PC・スマホの中を片づけたい方はこちらへ【パソコン・スマホ活用サポート】こんなお悩みはありませんか? 自分で片づけようとしたけど最後まで...
タイトルとURLをコピーしました