ストック

(1)サービス実例

【ビフォーアフター】子どものお友達が呼べる家にしたい その1

テレビの片づけのビフォーアフターをみるとまるで魔法のようにあっという間に片づいているようにみえますよね?片づけのプロに頼むとどれくらいの時間でどれくらいの量が片づくのか、今日はお客様のご協力をいただけたのでリアルなお話を書きますね。
(1)サービス実例

【ビフォーアフター】片づけのプロが片づけのプロに片づけをお願いした話

昨年の11月に「片づけのプロが教える 心地いい暮らしの整え方」の出版キャンペーンで応募した下村のオーガナイズ作業、10ヵ月待ちでようやくサポートを受けることができました。 下村のアシスタントで片づけ作業を一緒にすることはありますがお客様の立場で一緒に作業するのは初めて。本日は、片づけのプロがプロに依頼をした体験談をお話します。
2.片づく思考の作り方

【どれくらい必要?】ペット用品の防災備蓄

毎年この時期に防災備蓄を見直すことにしています。 わが家は3人家族ですが、犬1匹猫2匹がいます。かわいいワンニャンズも大事な家族。災害も一緒に乗り越えないといけません。 今日は大事なペットのための防災備蓄を紹介します。
2.片づく思考の作り方

【道具】工具箱の中にたくさんありませんか>

「持っていたい」のではなく捨てていいのかわからないものが収納を占拠していませんか?わからないってことは必要がないのです。必要なものは迷いませんから。迷う時間を短縮するためにも迷うものは持たない!
(1)サービス実例

【ストック管理】置き場所を変えたら楽になる!<お客様実例>

ストックはどれくらいあれば安心?安いと買わないと損?忙しいとついでに買っておこう、安いのだから買っておこう、となりますが、やはり過剰な量はそれを収納したり管理したりの手間が増え実は不便を引きおこしているのです。
これ便利!

電池は定期的な交換がおススメ【床下収納】

たまにやってしまう電池の液漏れ。電池がダメになるだけでなく本体も故障してしまうから厄介です。電動式の畳収納が故障してしまいました。普段あまり使わないものは電池を抜いておく、抜いておけないものは定期的に交換することが大切なようです。
ストック

チラみえストックで奥行きを生かす収納

収納用品や収納するものに対して奥行きが深すぎる場合は奥にストック品を収納。しかし全く見えないと忘れてしまうのでチラミセがポイントです。
ストック

家族にわかりやすいストック管理

ストックを持つ意味を考えると「どこに、何が、どれだけあるのか」がわかりやすいのが一番です。
(1)サービス実例

マンションの納戸のお片づけ【Before&After】

納戸スペースの片づけ実例です。奥行きがあったり間口が狭かったり使いにくい場合が多いからこそ、中に入れるものは厳選したいですね。
キッチン

お米の収納 OXOポップアップコンテナ 

お米の収納はoxo(オクソー)ポップアップコンテナ レクタングルトールに収納しています。5キロのお米、ちょっとだけ入りきらないのが惜しい
ストック

家族にわかる収納と自分が納得できる収納のバランス

家族皆で使う場所はみんなが気分よく使える収納でありたいですね。美しい収納=使いやすいではありません。
ストック

置いておく場所があるから【2016個手放すプロジェクト】

使わないものを置いておく場所があるって便利なようですが、実は不要なものまで溜め込んでしまうというワナがあります。「いつか使うかも」は多分使わないとわかっている(笑)
(1)サービス実例

何を収納すればいいのかわからない【お客様実例】

引っ越したあとはものの住所を決めることから始めなくてなりません。これが案外難しい。そんなときは〇〇を持たせると決めやすくなります。
コストコ

大量のホットケーキミックスは

コストコの商品は一つ一つがたくさん。使いやすくするために一工夫します。 この工夫があると使う時のハードルがグンと下がります。
(1)サービス実例

奥行きのある納戸の収納

奥行きが深いお客様宅の納戸の片づけ収納をお手伝いしました。たくさん入るけどなんだか使いにくい収納ってありませんか?お客様も「何がどれだけ入っているのかわからない」状態。 たくさん入るけどあえて量を絞り込んで「使いやすく」「キレイキープ」可能な収納に生まれ変わりました。
タイトルとURLをコピーしました