【3分チェンジ!】ゴチャゴチャ収納をスッキリみせるコツ

こんにちはPRECIOUS DAYS 整理収納サポートメンバー

クローゼットオーガナイザー(R)高橋朋子です。

タオルは畳んでしまっているし、洋服はハンガーにきちんとかけているので扉を閉めればスッキリ。でも、扉を開けると、グジャグジャに入っているわけではないけれど、キレイとは言えない見た目にガッカリすることはありませんか?ちょっとした手直しで、スッキリキレイにする方法をご紹介します。

タオルは輪が手前になるように収納

バスタオルを畳んできちんとしまっているのに、キレイに見えないのが残念。

そんな時は、バスタオルの輪が手前にくるように収納します。見た目が良いだけでなく、1枚ずつ取り出し易くなります。

トイレットペーパーのきれいな面を手前にして収納

トイレットペーパーの端がビラビラしていたり、トイレットペーパーが並んでいないことで、だらしない印象になってしまいます。

トイレットペーパーの端を奥にして、きれいな面を手前にします。そして、トイレットペーパーがなくなった場所を埋めることで凹凸がなくなりスッキリ見えます。

ショップでもらう紙袋は底を上にして収納

ショップでもらう紙袋ですが、こんな風に入れてストックしていませんか?紙袋にまとまっていることはいいのですが、持ち手がワサワサしていて落ち着きません。

収納する場合には、持ち手を紙袋の内側に入れて畳みます。

ひっくり返して、底を上にして袋の中にしまうと持ち手が見えなくなるんでスッキリ収まります。紙袋の数が少なくなったように見えませんか?

 

ハンガーを揃える

このように色や素材の異なる種類のハンガーだと、賑やかで落ち着きません。そして、肩の高さが揃わないことで凹凸ができ、ゴチャゴチャ感が増します。

ハンガーを揃えだけで、フック部分と肩のラインが揃いより統一感がでます。そして、肩のラインが揃っている事で出し入れする時に他のハンガーに引っかかりにくくなります。

・向きを変えるだけ
・空間を埋めるだけ
・ハンガーを揃えるだけ

など、3分であっという間に見た目をチェンジすることができます。
扉を閉めれば見えない部分なので、見た目を気にしなくてもいいのですが、そこがキレイに整って入っていると、扉を開けるたびに気分がよく楽しい気持ちになりますよ。

 

片づけのプロに頼んだらどうなった?

10月12日(月)10:30-11:00
(後からアーカイブやYouTubeでもご視聴いただけます)

『片づけのプロに頼んだらどうなった?』

プロにお願いして片づけしてもらいたいけど、誰に頼んだらいいんだろう?お金がかかりそう。

1回片づけを頼むとどれくらいキレイになるんだろう?

そんな心配や不安はありませんか?

実際に、PRECIOUS DAYSにご依頼をいただき一緒に片づけをしたゲストさんをお迎えてして、体験談をお話いただきます。
ゲストさんは、現在ライフオーガナイザーとして活動を始められ、毎日をイキイキと楽しんでいらっしゃいますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました