【メルカリ】誤発送を防ぐ一工夫

おはようございます。

PRECIOUS DAYS 整理収納サポートメンバー

リユースマスター(R)スズトモこと鈴木智子です。

新年度を迎えるにあたってものの見直しをする人も多いと思います。私も3月下旬に引越しを控え、現在絶賛片づけ中、そしてメルカリ出品中です。商品がどんどん売れるのは嬉しいけれど同時に複数の商品を発送するときに一番気をつけないといけないのは送り先をまちがえないこと。今日はメルカリでの「誤発送」を防ぐ工夫を紹介します。

目印をつけよう

いくつかのものをまとめて出品すると、発想のタイミングが重なることがあります。
大きさや形状の違うものであれば、発送するときに間違えてしまう、というケースはあまりないと思うのですが、同じくらいのサイズの本の場合、梱包してしまうと中身の区別がつかなくなってしまうこともあります。

そんな時は、梱包した封筒に付箋を貼るなどして中身がわからなくならないようにしましょう。

こんな感じで中身がわかるようにしておきます。

 

品名を書きかえよう

また、「匿名発送」をする場合(らくらくメルカリ便やゆうゆうメルカリ便を使う場合)、自宅で梱包したものをコンビニ等に持ち込んで、その場で伝票を出して発送手続きをする、という流れになりますが、何枚も伝票を出力すると伝票自体が入れ替わってしまう危険もあります。

伝票番号は一つずつ違っているので慎重に確認すれば良いのですが、数字の羅列で把握するよりも便利な方法があります。
それが、伝票に記載される「品名」欄を書きかえることです。

メルカリでは、商品を販売する時には、品名(カテゴリー)をいくつかの中から選びます。
(本をバーコード出品する場合は自動的に入ります。)

例えば、こちらの本は販売時には「ノンフィクション/教養」となっていました。

この品名の欄は入力内容を変えることができます。

1. もともと書いてある文字を消す

2.自分にとってわかりやすい品名に変更

例えば「ビジネス書」

 

「子育て本」

といった感じで変更できます。

同じタイミングで、同じ品名(カテゴリー)の本が売れた場合、パッと見で伝票を区別することはできませんが、
このように事前に品名を変えてから伝票を出力すると…

このように品名の欄に自分の入力した品名が記載されます。

このようにして、付箋(袋の中身)と品名(伝票)を一致させることで、誤発送は防ぐことができます。

ものの入れ替わりが多なる季節、メルカリを使ってリユースを楽しみましょう!

片づけながら出品!

PRECIOUS DAYSの整理収納サポートは無料でメルカリ出品アドバイスがついています。

片づけと並行してどんどん出品したい!そんなご希望も叶います。
※整理収納サポートの時間内のお手伝いになります。
※ご希望の場合はお申し込み時にお知らせください。

整理収納サポートの詳細、ご相談、お申し込みはこちらから

整理収納サポート
→ オンラインでの片づけサポートを希望する方はこちらへ【オンライン片づけレッスン】→ PC・スマホの中を片づけたい方はこちらへ【パソコン・スマホ活用サポート】こんなお悩みはありませんか? 自分で片づけようとしたけど最後まで...

 

メルカリオンライン出品講座

オンラインでマンツーマンで出品を学べる講座です。詳細はこちらから

このページは現在閲覧できません。

 

整理収納サポート・コンサルティングのご予約可能日はこちら↓↓↓

整理収納サポート・コンサルティング申し込みカレンダー
整理収納サポート・コンサルティングの申し込み可能日 〇もしくは△の日程をクリックしてお申し込みくださいませ。(〇 残2以上 △ 残1)

現在募集中の講座

2021年 8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
【無料】オンライン作業会
29
30
31
1
2
3
4

 

メール講座は全て無料。
解除も簡単にできますのでよかったらご購読ください(^^)

LINEからお問い合わせもできます。

LINE ID : @rakulife_shiho

(友達追加後、メッセージかスタンプを送信してくださると私にお友達になってくれたことが通知されます。)

 

友だち追加数

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました