【毛玉とり比較】100均vs2000円

こんにちは

PRECIOUS DAYS 整理収納サポートメンバー

片づけ脳力(R)トレーナー山口ゆかこです。

先日、「月曜から片づけ」ライブでセーターの毛玉とりを実演しました。私は100均毛玉とり機とT字カミソリ、ブラシで毛玉とりをしました。ライブ実演のときにブラシでやった部分の毛羽たちがおおく、時間をおいてそれらが毛玉になってしまいました。結局、2000円弱のイズミ「毛玉とるとる」を購入しました。

実録!機械でとれるのか!

「着たままOK」にひかれてこの毛玉とるとるを購入しました。
毛玉とるとるの説明書をみると、
・スピードはゆっくり
・ちょっと浮くくらいで強くおさない
がコツのようです。
いつもチャカチャカ動かしていたので自分ができるゆっくりスピードを我慢してみました。

ビフォー

アフター

毛玉がきれいにとれてよみがえりました。これで暖かくなるまでセーターが着れそうです。

比較!面積の差が大きい

ゆっくりスピードでしたら、100均でもいいのではないか?と思いつき、比較してみました。

なんといっても大きさが全然違いました。いくらゆっくり時間をかけるといっても一度であたる面積が違うので仕上がる時間も歴然です。

また、100均はカーブになっていますが、毛玉とるとるは直線に近いのです。カーブになるとそれだけあたる面積も狭くなるのではと思いました。

サイズが違うので中のカッターの大きさも差がありました。

セーターによって変えられるモード

100均はスイッチ1つですが、毛玉とるとるは2つ。ケア用とパワフルの2つです。着たままの時や、繊細の布の時はケア用になります。
また、ふわふわガードをつけることができるので風合いをそのままで毛玉を取ることもできます。

今回、100均のものと比較し、実際につかってみて2000円だしてよかったなぁと思っています。

あなたもLINE120%活用しよう

LINEは無料アプリですが活用できていますか?便利な連絡ツールだけではありません。
私が家族とのトークルームで活用しているものを紹介します。またノートとキープの違いを説明しながら、キープの活用法もお伝えします。

【オンライン】プレシャスワークショップを定期開催
募集中 5月31日夜 もう洋服選びに迷わないワークショップ(担当:高橋) 洋服迷子からの卒業!以前の私は、おしゃれをするにはセンスが必要だと思っていました。センスのない私は、朝のコーディネートに時間がかかっ...

 

タイトルとURLをコピーしました