【洋服収納】「かける」と「たたむ」のメリットデメリット

こんにちは

東京・神奈川・千葉・埼玉エリアの整理収納サービスPRECIOUS DAYSメンバー

クローゼットオーガナイザー(R)高橋朋子です。

 

 

洋服をクローゼットに収納する方法には2種類あります。ハンガーにかけて収納する方法と洋服をたたんで引き出しケースや棚に収納する方法。ハンガー収納にしたいと思ってもスペースや洋服の種類によってはできないこともあります。本日は、「たたむ」と「かける」のメリットとデメリットについてお話します。

かける収納のメリットとデメリット

メリット

・洋服をたたまなくていいから手間も時間もかからなくてラク
・シワになりにくい
・洋服が見つけやすくて戻しやすい
・全体が見えるのでコーディネートがしやすい
・ハンガーの数で洋服の枚数を管理できる

デメリット

・収納スペースが必要
・洋服の数だけハンガーが必要
・肩にハンガーの跡がつく場合がある
・ハンガーからすべり落ちることがある
・ハンガーを購入する場合はお金がかかる

たたみ収納のメリットとデメリット

メリット

・省スペースでたくさん収納できる
・引き出しにしまえばホコリが入りにくい
・洋服が擦れないので傷みにくい

デメリット

・たたむのに手間と時間がかかる
・シワになりやすい
・やわらかくすべりやすい生地はたたみにくい
・洋服を重ねて収納すると下に何が入っているかわかりにくい
・洋服が少ないとたたんでも倒れてしまう

デメリットの解決方法

DSC_3329

デメリットがあるからとあきらめなくても大丈夫。ちょっとした工夫やモノの選び方で解決することができます。

例えば
・ハンガーで肩に跡がついたりずれ落ちる
→すべりにくい加工や湾曲した形のハンガーを選ぶ
・収納スペースが必要
→ハンガーの厚みがないモノ、同じ種類のモノで揃えることで今までより多くかけることができる
・たたみ収納はシワになりやすい
→手アイロンでシワをのばしながらたたむ
・洋服が少ないと倒れやすい
→引き出しケースの中に仕切りケースやブックエンドを入れることで倒れない

「かける」「たたむ」どちらが私に合う方法?

どちらにもメリットとデメリットがあり、「私はどちらを選んだらいいの?」となやみますよね。手間と時間を省いてラクをしたいのであればハンガー収納。洋服の枚数に対して収納スペースがたりないのであればたたみ収納がおすすめです。
他にも、ハンガー収納の下スペースを有効活用し、たたみ収納とミックスさせた収納もおすすめです。

PRECIOUS DAYSの整理収納訪問レッスン・オンライン整理収納レッスンでは

・クローゼットから洋服が溢れていて、着たい服が見つからない
・洋服はいっぱいあるのにいつも同じ服ばかり着ている
・毎朝の身支度に時間をかけたくない
・今の収納方法が合っているか教えて欲しい

そんなあなたのお困りごとを解決します。
ぜひご相談ください。
【整理収納レッスン】

片づけ力を育てる整理収納ご訪問レッスン
自分で片づけようしたけど、最後までやりきれなかった片づけてみたけど、すぐに散らかってしまったどこから片づけ始めていいのかわからない片づけたいけど、時間がないさっさと片づけを終わらせたい仕事や家族との時間を優先したいそんな方...

【オンラインレッスン】

自宅を自分で片づける整理収納オンラインレッスンのご案内
こんなお悩みはありませんか?どこから片づけたらいいのかわからない本やブログを参考にしたけどうまくいかなかった片づけのアドバイスは欲しいけれど家に来てもらうことに抵抗がある誰に片づけを頼んだらいいのかわからない誰かと一緒なら片づけら...

 

タイトルとURLをコピーしました