(2)空間(整理収納)のオーガナイズ

キッチン

【ワンアクション】三つのムダをなくす冷蔵庫収納

野菜室にある使いかけの野菜や切った野菜を保存容器に入れ、使うのを忘れてダメにしてしまい「あー、もったいない事しちゃった」とがっかりすることはありませんか?ワンアクションでこの「もったいない」を解決する簡単な方法があります。
キッチン

【省く家事】適当にとれる菜箸が想像以上に時短なお話

菜箸を出すとき、取りにくいなぁと感じたことありませんか?働いていて、家に帰ると、「おなかすいた!」と食べ盛りの息子からまず出てくる言葉。限られた時間で急いで料理をするときに、どんな菜箸ならば、取りやすいのか?いくつかの菜箸を試してみました。
キッチン

【ラベリング】マイルールを作って買いすぎ防止

買い物が大好きな私は洋服や雑貨だけでなく、食品も買い物に行けば行くほど買っちゃいます。結果ダブリ買いもく在庫をたくさん抱えていた時もありますが今はそんな悩みはありません。今日は在庫管理ができおまけに買い物リストも一緒に作れちゃうシステムをお伝えします。
2.片づく思考の作り方

【子どもの収納】「〜しなさい」がなくなる仕組作り

「靴下を履きなさい」何度言っても娘は履くのを忘れることが毎朝のストレスでした。娘が自ら靴下を履いてくれるように娘を変えるのではなく収納の仕組みを変えました。思い込みをはずす収納で親子ともにストレスがなくなりました。
玄関

【梅雨だから】晴れ間に傘のお手入れ

梅雨の晴れ間はやりたいことが山盛りです。洗濯ものは外に干したいわが家は先ず洗濯、布団も干したいし雨の中お供してくれた傘やバックや靴も洗ったり干したい。先日はいつもの雨上がりは広げて干して、乾いたらそのまま片づける傘をていねいにお手入れしました。
キッチン

【100均でキレイ】「メンドクサイ」がなくなるお掃除シート

片づけの仕事をしているからなのか周囲からマメできれい好きに見られます。実は、とっても面倒臭がりで掃除が苦手。だけど高校生、中学生の男子二人、そして犬が2匹いる生活では掃除が苦手とは言ってられません。どうやったら掃除が楽になるか考えてみました。
ワークスペース

【片づけのプロ】整理収納の「法律」知ってますか?

わかりやすいファイリング=ビジネス整理?家庭の片づけとビジネスの片づけの違いを知っていますか?「法律」なんて大げさなと感じるかもしれませんが、片づけを伝え、サポートするプロだからこそ知っておきたいことを学ぶビジネス整理術です。
2.片づく思考の作り方

【子育て】あなたの子どもが「片づけない理由」

どうしてわが子は何度叱っても片づけないのか?私に似て片づけが苦手なのか?片づけは遺伝しませんし、片づけやすい方法は親子であっても違います。親子で一緒に片づけを学ぶことでそのすれ違いをなくすことができます。親子のストレスがなくなる片づけが手に入ります。
キッチン

【お客様実例】あると便利なボックス

2回目のご訪問をさせていただいたお客様に「これは便利だった」というストック食品の収納を褒めていただきました。まとめることによって「そろそろあれを食べなくっちゃ!」と頭の中で覚えておかないといけないことが減りますよ。
(1)サービス実例

【収納増!】(ちょっとだけ)ハンガーに投資せよ!

クローゼットの片づけでお金を少しだけかけるといいのがハンガーです。収納効率の良いハンガーを使うと横にも縦にも収納スペースが増えますよ。クローゼットオーガナイズサービスではお手持ちの洋服とスペースに合わせたハンガー選びもお手伝いします。
(1)サービス実例

【お客様実例】迷わないクローゼット作り

クローゼットオーガナイズ(片づけ)は自分にとって洋服ってどんな存在だろう・・・ということから始まります。そしてどんなクローゼットが快適なのかはっきりさせてから始めます。すると驚くほど片づけは早く進んでいくしリバウンドもしません。
2.片づく思考の作り方

【片づけ】できる子どもに育ってほしいから 2

今のままでもなんとかなる、だけど片づいたらもっといいことが増えると思いませんか?夏休み前に片づけることで夏をより楽しく快適に過ごすことができます。片づけで汗も片づかないストレスもスッキリ流してしまいましょ。
2.片づく思考の作り方

【片づけ】できる子どもになって欲しいから 1

片づけ下手は遺伝する?そんなことはありません。子どもが片づけないのは後天的なもの。楽に片づけられる仕組みと片づいたらどんなにいいことがあるかを知らないだけです。この機会に親子で片づけについて考えてみませんか?
2.片づく思考の作り方

【超楽ラベリング】子どものおもちゃのラベリング法と効果的な声かけ

子どもが片づけてくれない・・・その理由の1つが片づけにくい仕組みになっているのかもしれません。ママにも子どもにも簡単な仕組みのヒントを子育て中のママに教えてもらいました。また片づけたくなる声かけのヒントも素晴らしい。怒る育児じゃなく怒らなくてすむ仕組みを整えたいですね。
2.片づく思考の作り方

【クローゼット】着たい服?似合う服?

人からどう見えるかも大切だけど、何より自分が納得できていることが大切。いくらほかの人から素敵に見えても自分が鏡を見た時不安になる服は、この先あなたのお荷物になるだけです。毎朝気分よく服を選べるクローゼットにオーガナイズしましょう
タイトルとURLをコピーしました