寝室・クローゼット

寝室・クローゼット

あえて手間をかけていること

洋服の購入は今でも苦手。何を選んでいいのかわからないからです。だけどそれは今まであまりにも自分の「好き」を無視し続けた結果、感覚が鈍ってしまったから。自分の「好き」を見つけるために私がやっていること。
2.片づく思考の作り方

洋服がタンスに入りきらなくなったら

「収納が足りない!」って思ったら家具を買い足すよりも、「収納の中に納まるだけの量を持つ」を考えてみませんか?
2.片づく思考の作り方

自分をだらしなく見せる服はもういらない【2016個手放すプロジェクト】

おしゃれとか無理だし。どうせスタイル悪いし、って洋服のことを考えることを避けていましたが、私のゴールは「センス良くておしゃれにきこなしているイケている人」ではないことに気がつきました。そうしたら気持ちが楽にクローゼットと向き合えるようになりました。
2.片づく思考の作り方

着たい服、似合う服、必要な服

最近洋服をたくさん買ったな、って思ってたけど数えたら前より減っていました。買ったけど似合わない、着心地が悪い、の失敗を繰り返しながら理想のクローゼットを作っていきたいな。
寝室・クローゼット

着ない服は持ってないのと同じ【2016個手放すプロジェクト】

着ない服ありませんか?着ない服には理由があります。そして持っていても着ないなら持ってないのと同じこと。「着る服」だけのクローゼットでストレスフリーを目指しましょ。
寝室・クローゼット

「あったら便利」を手放す【2016個手放すプロジェクト】

安い服ほど要注意。「1000円だし」「とりあえず買っておこう」「あったら便利かも」の誘惑にあったら「1万円でも欲しい?」って自分に問いかけてから買いましょう。
(2)空間(整理収納)のオーガナイズ

クローゼットの整理をしました

ジメジメする季節がそろそろ始まります。ホコリや髪の毛はカビやダニの栄養。掃除と衣替えを兼ねて夏を迎えるクローゼットに整理しました。
これ便利!

お雛様収納はこの方法

結局「こうするものだ」という思い込みを外してみると「便利」「使いやすい」がうまれるということかも。お雛様の収納をこの方法に変えてずいぶん気持ちがスッキリしました。
寝室・クローゼット

収納家具を買う前に絶対やること

「もうクローゼットに入らない。なにか収納するものを買って来なくっちゃ」の前に中身を見直しませんか?そして自分自身に問いかけてください。
(1)サービス実例

引っ越しで収納用品のサイズが合わなくなったら【お客様実例】

お引っ越しをすると必ず出てくるのが「サイズが合わない収納用品」。すぐにサッと買い換える方法もありますが、使えるものは工夫して使いつつ、徐々に整えていけるといいですね。
寝室・クローゼット

「これがあったら片づくかも」の罠【2016個手放すプロジェクト】

「これがあれば片づくかも」「この値段だったら買ってもいいか」と安易に収納用品を買ってしまっていた数年前の自分を猛烈に反省した今回の手放しです。結局収納用品も「モノ」なんですよね。
寝室・クローゼット

賢い子を育てる必需品【2016個手放すプロジェクト】

2016年に2016個のものを手放すプロジェクトに参加中。今日は賢い子に必須と言われたアレと、洋服の新陳代謝です。
(4)メンタルオーガナイズ

原因を探さないほうがうまくいく

せっかくキレイに片づけたのにまた散らかってしまった、そんな経験はありませんか? そしてまず「どうしてうまくいかなかったのだろう」と原因を考えてしまう方がほとんどではないでしょうか?
(2)空間(整理収納)のオーガナイズ

その収納、維持できますか?

収納に大切なことは、きれいなに収納を作ることではなく「片づいた状態」を維持できるか、です。人によってその収納法が合う合わないが必ずあります。
寝室・クローゼット

クローゼットをスッキリさせるための第一歩

クローゼットをすっきり見せるためにはハンガーに一工夫。種類をそろえる、数を決める。 服の量だけハンガーを増やすのではなく、ハンガーの量だけ服を入れます。
タイトルとURLをコピーしました