【夏の朝におススメ】簡単おいしい冷やし茶漬けレシピ

こんにちは

PRECIOUS DAYS 整理収納サポートメンバー

リユースオーガナイザー(R)こま田のぶ子です。

 

 

ようやく梅雨が明け、本格的な夏の到来ですね。暑くなってくると、食欲が落ちたり、キッチンで火を使う料理も億劫になってしまったりしませんか?
今日はそんな暑さが続く時にも、きっちり取れるおすすめの朝ごはんのご紹介です。

朝ご飯といっても、今回紹介するのはお茶漬け。それも冷やし茶漬けです。今日は3種類ご紹介。

シーチキン冷やし茶漬け

【材料】(1人分)

冷やご飯
シーチキン(大さじ1〜2)
豆腐(大さじ1〜2)
オクラ(大さじ1〜2)
ねぎ(少量)
生姜(少量)
大葉(2枚)
味噌(今回使用したのは甘辛味噌)
(小さじ2)
出汁(200cc)
塩(お好み)
※出汁はパックや顆粒のものでもOK。塩分が入っていないものには、塩分を調整してください。

トロトロ冷やし茶漬け

【材料】(1人分)

冷やご飯
梅(1粒)
モロヘイヤ(大さじ1〜2)
長芋(大さじ1〜2)
塩昆布(小さじ1〜2)
しらす(大さじ1〜2)
醤油(お好み)
麦茶(緑茶でも)200cc
梅としらす以外、塩分がないので、食べる時に、梅をくずしながら食べることをおすすめします。
また醤油はモロヘイヤと長芋の上あたりにかけてください。

韓国風冷やし茶漬け

こちらはニンニクが入っているので、お出かけ前よりも夜食向きかもです。

【材料】(1人分)

冷やご飯
キムチ(大さじ1〜2)
納豆(大さじ1)
きゅうり(角切りにして大さじ1)
韓国のり(2枚)
ごま油(数滴)
白ごま(少々)
青ねぎ(大さじ1)
コチュジャン(小さじ1/4)
出汁(200cc)
塩(お好み)

お茶漬けの作り方は3つ共通

全て冷やご飯の上に、具をのせて出汁やお茶をかけるだけ。
塩分や食材の量はお好みに合わせて加減してみてください。

共通のポイント

①冷やご飯を1度洗うこと。
②ある程度の塩分を入れること。
③出汁や麦茶などは前の晩からよく冷やしておくこと。

そしてお茶漬けの良いところは、

・アレンジが効く
・喉越しが良い(無理なく食べることができる)
・手間がかからない

ことだと思います。

冷凍も上手に取り入れて

薬味を切ること以外、ほぼ手間いらずですし、作り置きや前の晩の残り物を利用すれば、アレンジもたくさん。色々なお茶漬けが簡単にできます。
野菜も高騰していますので、冷凍もの(オクラやとろろなど)を上手に取り入れるのも良いですね。

食欲が落ちても、元気にスタートを切ることができるよう、きっちり朝ごはんは取っていきたいと思っています。
これからどんどん暑くなり「朝ごはんも食べたくないなぁ」「作りたくないなぁ」なんて日も、これなら負担なく食べることができるので、おすすめです。

オンライン片づけレッスンで時短キッチンを

これから暑くなりますのでキッチン滞在時間は少しでも減らしたいですね。片づけて時短キッチンを手に入れませんか?

オンライン片づけレッスンのご案内
こんなお悩みはありませんか? どこから片づけたらいいのかわからない本やブログを参考にしたけどうまくいかなかった片づけのアドバイスは欲しいけれど家に来てもらうことに抵抗がある誰に片づけを頼んだらいいのかわからない誰かと一緒なら片づ...

 

タイトルとURLをコピーしました