防災備蓄

谷歩

【2021年6月】人気記事ベスト5

あっという間に今年も半分が終わりましたね。 6月は暑さと湿気が気になる季節を快適に暮らす工夫などの記事に人気がありました。
谷歩

【ダイソー】防災用品に追加したコンパクトタオル

どんなもモノなのかずっと気になっていた、圧縮した状態のコンパクトタオル。ダイソーで見つけたので購入し、戻すときにどのくらいの水を使うかの実験をしました。今日はその結果のお話です。
谷歩

【初回だけ半額】わが家目線の非常持ち出し袋を作ろう

「非常持ち出し袋はあるけど、中身はわが家にあってる?あれで安心?」メンバー高橋の何気ないひとことでスタートしたライブ『質問ともこの これで安心?わが家の防災用品』。3回のライブを通して高橋家の非常持出し袋は、中身も用意の仕方も大きく変わりました。
谷歩

【防災備蓄】ストックに追加した3つのもの

もしもの備えを考えるようになってから、食料品はライフラインが止まっても3週間は食べられる、トイレットペーパーなら3か月くらいは持つように用意しています。 ローリングストックで買い足しのときに見直したものをご紹介します。
谷歩

【もしもの備え】お米2キロは何合?

非常時に備えて食品のストックの用意に参考にしたのが、農林水産省の「我が家の備蓄食料品チェックリスト」。2kgで約27食分と書いてあったので、ひとり暮らしの私らなら極端なはなし3食ご飯で9日持つと単純に納得していました。 でもメンバーの山口と話していたら「毎日2合炊いてるけど、それは何グラム?」と聞かれ、調べてみました。
谷歩

【システム収納】今の必要に合わせて組み替え

棚板があと2センチ高くなったらファイルが入ったり、出し入れグンと楽になったりすることがあります。 可動の棚なら棚板を数段動かすことで出し入れのたびに感じるストレスをなくせますし、システム家具なら収納するものに合わせることができます。 今日はわが家で便利に使っているシステム収納のご紹介です。
松本みつよ

【防ダニ加工】コインランドリーを使ってみました

あちこちでコインランドリーがオープンし、かなり便利になっていると聞いていたので気になっていました。昨年買った肌掛けふとんは洗えるタイプの羽毛ふとん。ちょうど肌掛けふとんを洗いたいと思っていたので、実際にふとんを洗ってみました。
谷歩

【上げすぎ厳禁!】 タイミングがひとめでわかる植木鉢

セミナールームでぐんぐん育っている観葉植物たち。その中でも一番大きくシンボルリーになっているウンベラータを植え替えました。 せっかく植え替えするなら水やりの管理が楽な鉢にしよう!ということでレチューザの鉢にしました。
松本みつよ

【片づけで発見!】テレフォンカードの活用法

今では、テレホンカードを目にすることも使うこともほとんどなくなりましたが、使っていないテレホンカードが出てきたことはないでしょうか。使えるものだからとそのままにしていましたが、NTT料金支払いに使えると聞いた記憶があったため、充当することにしました。
谷歩

【防災備蓄】冷蔵庫から見えてきた課題

先週のブログで防災食備蓄食にどのくらいのスペースが必要かの実験をした後気になったのが冷蔵庫の食品。 災害が発生後2~3日は冷蔵庫や普段の買い置きを食べようという提案を知りわが家の冷蔵庫は何日分入ってるか知りたくなり実験をすることにしました。
松本みつよ

【クローゼット】ウール無しで乗り切る冬支度

昨冬、ウールのニットを着ないで過ごすことにチャレンジしました。私が予想していたほど寒いと感じることもなく、春までほとんどウールのニットを着ずに過ごしたのですが、お店に並んでいるトップスのほとんどがウールのニットだったため買い足したいときに困りました。
谷歩

【防災備蓄食】大人二人分の必要量とスペース

整理収納サポートに伺った時に「食品の備蓄ってどのくらい必要?」と聞かれることが増えて来ました。自然災害が多くなって来たことだけでなくコロナの影響もあって関心が高くなっているようです。今日は用意しておきたい量からみた収納スペースのお話です。
松本みつよ

【書類整理】クリアファイルを比較してみました!

書類整理と言えば、ラベリングにクリアファイルやクリアホルダーなどを思い浮かびます。クリアファイルにもいろいろありますが、穴を開けられない書類もありますのでクリアファイルを使いたいと思い、3つのクリアファイルを比較してみました。
松本みつよ

【書類も体温も!】作業セットでストレスフリー

この書類は印かんが必要だから、玄関に行って押してこよう。以前は、こんな行動をしていました・・・。片づけという物を減らすことに意識がいってしまいがちですが、ボールペンやハサミ、印かんなど、数を増やしてセット化しておくことで日々の作業が楽になることもあります。
松本みつよ

【スマホからお任せまで】写真のデータ化3つの方法

写真を撮るのはスマホがメインになり、本体に保存されるだけでなくGoogleフォトやiCloudといったクラウドに自動でバックアップを取られている方も多いと思います。しかし、息子の保育園や小学校時代の写真は購入したものや頂いたものもあり、データがないものもあります。だんだんと色あせていくので、データ化する方法を試してみました。
タイトルとURLをコピーしました