【ミニマリストが買ったもの】最初の一歩はゴミを減らすところから

おはようございます。

PRECIOUS DAYS 整理収納サポートメンバー

リユースマスター(R)スズトモこと鈴木智子です。

買い物をしまくって大量のモノに囲まれて暮らした経験のある私はですが今はモノが少ない暮らしの快適さを実感しミニマリストを目指しています。ただ捨てるだけのミニマリストではなくゴミを出さないミニマリストでありたいと2つのモノを購入しました。

捨てるから始めない片づけ

私たち、ライフオーガナイザーは「捨てるから始めない片づけ」です。

それは「どれを捨てようか」と捨てるものを選ぶのではなく、本当に残したい、大切なものを選ぶ片づけ。

それでも片づけを進めていくと、使えなくなったものやもう自分では要らないと思うようなものが多かれ少なかれ出てきます。

自分にとって大切なもの、これからの自分に必要なものだけに囲まれて暮らしたい、という考えはわかるけれど、

それでも今まで持っていたものを手放すこと(特に捨てる)ことには勇気がいる、という場面にもたくさん遭遇しましたし、

自分自身も普段の生活の中でそれを強く感じています。

精神的にも身体的にも負担が大きい「捨てる」

また、いざ捨てる!と決めてもゴミの分別が細かくてそこに時間を取られたり、ゴミをまとめる時間・捨てに行く時間がかかったりとゴミを捨てるため私たちは想像以上にとても多くのエネルギー(時間や精神的・身体的負担)を使っています。

ゴミ問題は私にとっては大きなストレスの1つ。

ゴミ袋が有料なので、ゴミが増えればその分経済的な負担が増えますし、分別をして、指定の日に出しても、出したその日からまたゴミ袋にはたくさんのゴミが溜まって…

このエンドレスなゴミとの闘い…

このストレスを少しでも減らすために、使い捨てしていたものを繰り返し使えるものに変えるチャレンジを始めました。

その1. ウェットティッシュを薄手のタオルへ

わが家では、その便利さから娘が生まれてから「手口拭き(ウェットティッシュ)」をものすごい勢いで消費していました。

外出の時はもちろん、家の中でも机の上に常備してあり、ちょっと口を拭いたり、汚れが気になったら掃除に使ったり。

さっと出してすぐに使える便利なウェットティッシュとして利用していました。

娘が生まれてからずっと使っていたので、自分にとってもこれは当たり前のこと、必需品である、と思い込んでいましたが、ふとゴミ箱を見ていると大量のウェットティッシュ。

ちょっとだけ使ってすぐに捨てて、という習慣が娘にもついてしまい、何枚も取り出してちょっとだけ使う、足りなくなったらまた買えば良い、という感じになってしまっていました。

必要なものだから…とこれまではあまり気にも止めていませんでしたが、毎月何パックかを購入し、毎日のように使ってゴミに出している。

これはゴミの量を増やす大きな要因の1つだし、これがなくなれば経済的にも環境的にもストレスが減るはず!とおしぼり制度を導入することにしました。

家族で色分け

外出時はおしぼりを洗える環境とは限らないので、今まで通りウェットティッシュを利用していますが、家で食事をする時には薄手のタオルをおしぼりとして利用することにしました。

色別にしてあるのは食事中など誰がどれを使っているのかはっきりわかるようにするためです。

洗ってもすぐに乾く素材で、6枚セットのものを購入したので洗濯して回せば衛生面も問題なし。

食事のたびに出るゴミがなくなったことと、派手なパッケージが食卓から消えたことで2倍気持ちよく食事ができるようになりました!

汚れが気になってきたら雑巾として第二の人生を歩んでもらう予定です!

その2 ステンレス製のストロー購入

ウェットティッシュに続いて変えたもの、それがストローです。

最近は飲食店でもプラスチック製のストローを減らすお店や、店員さんに声をかけないとストローをもらえないお店が増えてきていますよね。

6歳の娘は家でもたまに「ストローで飲みたい!」と言い出すので、自宅には使い捨てのストローを常備していました。

個包装になっていて中身のストローはプラスチック、外装は紙。

毎回ストローを使いたいと言われるたびにプラスチックゴミと小さな紙ゴミが出ていました。

ゴミを減らす以前に、そもそもプラスチックストローの消費自体を減らしたいという思いもあったので、ステンレス製のストローを購入してみました。

娘は大喜びで牛乳を泡ぶくにして飲んでいました。

ちなみに、ローズゴールドは娘用、ブラックは夫用、シルバーが私用です。

タピオカドリンクやフラペチーノなどのシェイク系の飲み物用に太いストローも一本購入しました。

私はこちらで購入

のーぷら No Plastic Japan
No Plastic Japan aims to reduce the use of disposable plastics in Japan. We try to raise awareness of the issue, and also provide ideas on plastic-alternative p...

細いのが1本400円
太いのが1本600円
ストローセット(細、太、ブラシ、袋付き)が1200円
(全て税別)

ロフトでも購入できます。

 

持ち運び用の袋もセットで購入したので、外出する際にも持ち歩いてマイストローで飲み物を楽しんでいこうと思います!

3人分(細3本&太1本)持ち歩いても約70g

1人分(細&太)なら50g弱!

ゴミを減らしてストレスを減らす

ものだけでなく出すゴミの量も少ないミニマリストを目指してチャレンジを始めたばかりですが、今後もゴミを減らすチャレンジについてまた報告していきたいと思います。

ゴミを限りなく減らしている町、上勝町のお話が東京で聞けます!

それはゴミ?それとも資源?<上勝町視察報告シェア会>

PRECIOUS メンバーで私のリユースマスターの先生でもあるタッキーさんが今回の視察で見たこと聞いたことをシェアする会をします。

【日時】2019年11月13日(水)10:30〜12:00

【場所】PRECIOUS DAYSセミナールーム
都営新宿線菊川駅 徒歩3分
半蔵門線住吉駅 徒歩10分

【参加費】1500円(税込)
当日現金にてお支払いください。

お申し込み・詳細はこちらからどうぞ↓↓↓

上勝町視察シェア会詳細・お申し込みはこちらをクリック

リユースマスター認定講座@東京

会場はすべてPRECIOUS DAYS セミナールームです
(都営新宿線菊川駅徒歩3分)

リユースマスター2級資格認定講座

(全一回ご都合の良い日程をクリックしてお申し込みください。)
2019年11月23日(土・祝)10:00-12:30(講師:滝口)
2019年12月13日(金)10:00-12:30 (講師:鈴木)

受講料: 5,000円(税別) ※受講料には認定料2,000円(税別)が含まれています
受講条件 :日本語による会話ができ、読み書きができる能力がある方

講座の詳細はライフオーガナイザー協会ホームページにへどうぞ

リユースオーガナイザー講座
リユースオーガナイザー講座は、メルカリ、ヤフーオークション他、各種リユース(再利用)サービスを使った捨てない片づけを習得する資格認定講座です。環境資源やお財布にも優しいリユースの知識や技術をお伝えいたします。

メルカリ・ヤフオク出品講座

日時:全1回 どちらも同じ内容です。
2019年11月23日(土・祝)14:00-16:30
2019年12月13日(金)14:00-16:30

会場:PRECIOUS DAYS  セミナールーム
都営新宿線菊川駅徒歩3分
半蔵門線住吉駅徒歩10分

参加費:5000円(税別)

お申し込みは↓から

メルカリ出品講座
メルカリ出品講座のご案内 モノで空間や心を圧迫されてませんか? 暮らしや自分の好みは常に変化していくもの。「今の自分」にあったものに更新していくことで、楽しく豊かな暮らしを手に入れることができます。リユースオーガナイ...

 

参加費が5000円の意味

少人数制+古物商許可を持つ講師2名(場合によっては3名)での講座ですので、売れる写真の撮り方から説明文の書き方、価格のつけ方までほぼマンツーマンていねいにサポートします。

少しでも高く、少しでも早く売れるコツ、学びませんか?

一緒に出品するのはもちろん、出品会中に出品したものに関しては、会が終わった後も手厚くフォローいたします。

出品から発送、そして評価まで流れを一通りご一緒しますので、今後一人での出品も安心です。

整理収納サポート・コンサルティングのご予約可能日はこちら↓↓↓

整理収納サポート・コンサルティング申し込みカレンダー
整理収納サポート・コンサルティングの申し込み可能日 〇もしくは△の日程をクリックしてお申し込みくださいませ。(〇 残2以上 △ 残1)

現在募集中の講座

2021年 7月
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

 

メール講座は全て無料。
解除も簡単にできますのでよかったらご購読ください(^^)

LINEからお問い合わせもできます。

LINE ID : @rakulife_shiho

(友達追加後、メッセージかスタンプを送信してくださると私にお友達になってくれたことが通知されます。)

 

友だち追加数

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました