2.片づく思考の作り方一覧

使いやすい収納を作る一歩

片づいてないことでおきている不便はどんなことですか?漠然と「片づけたい」より「お弁当箱が下あるから取り出しにくい」「食器棚の中だから使ったあと戻しにくい」のような具体的な不便がわかるとどうすればいいのかが見えてきますよ

「こんなにたくさん!」クローゼットの片づけ【お客様実例】

片づけがうまくいくと見た目がスッキリするだけでなく、機能性効率性も上がります。衣類片づかなくなる理由は忙しさだったり「とりえず」と置くことだったりですが、一番は「賞味期限」がわからなくなること。なんとなく・・・をクリアにしていくと片づけは進みます。

「在庫管理」が楽になる片づけ【お客様実例】

難しい片づけ、複雑な収納は大変だから続きません。片づけは「いかに楽できるか」がポイント。お客様の洗面所は在庫管理ができずものがあふれていましたので今回は収納用品を足して整理しました。一目でわかる、「だいたい」でわかる収納です。

「捨てる」「捨てない?」迷った時は

今の自分にとって不要なものも見慣れていると景色の1つになり不要であるということにすら気づかないことがあります。ちょっと視点を変えてみてみると「あれ?なんでこれ持ってるの?」ってなります。が、いざ捨てようと思うと躊躇してしまう。そんなときは・・・・。