【体調管理】ぐっすり眠れる3つの方法

PRECIOUS DAYS 整理収納サポートメンバー

リユースオーガナイザー滝口明子です。

睡眠の質をあげるために寝室に携帯電話を持ち込まない生活を始めて2ヶ月経ちました。始めはそばに携帯電話がないことが不安で眠れなかったりして逆効果ではないかと思うこともありましたが、寝ることに集中できるようになってきたと感じ始めています。そんななかたまたま見ていた「世界で一番受けたい授業」でぐっすり眠れる3つの方法が紹介されていました。

朝味噌汁を飲むと夜ぐっすり眠れる

味噌汁の中に含まれるトリプトファンという成分が日中は脳内でセロトニンに変化し、夜になると睡眠を促すメラトニンに変化します。そのためトリプトファンが不足すると不眠症や睡眠の質の低下を引き起こす原因となるそうです。
朝味噌汁を飲んで日中太陽をしっかり浴びると効果倍増。これならできそうです。

シャワーで、首筋をマッサージする

]

寝る前1〜2時間感前にお風呂に入るとようということは聞いたことがありますが、なかなかそのように入浴できることは少ないです。入浴すると体温が上昇しますが90分くらいで元の体温に戻ります。そこからどんどん下がり始めますがその頃が寝付きに良い体温なのだそうです。
入浴できなくてもシャワーで快眠の効果が得られる方法もありました。シャワーの刺激を利用してツボ押しやリンパマッサージをして血行をよくすること。特に首筋はシャワーを浴びながら親指で指圧すると良いということでした。これもできそうです。

アラームは帰宅してすぐセットする

アラームは寝る前にセットする人が多いと思います。私もそうでした。
なぜよくないのか首を傾げてしまいましたが、睡眠に入ろうとしているときに「明日は何時に起きなければいけない」「何時間しか眠れない」などと考えると心理的にプレッシャーがかかり心地よい睡眠の妨げとなるとのこと。納得です。確かに起きられなかったらどうしようろ思いながら寝るのはよくないですね。
なので、自宅に帰ったときに翌日のスケジュールに合わせた起床時間をアラームセットしておくとぐっすり眠れそうです。これも採用してみることにします。

夜の眠りは1日の行動で決まる

睡眠をテーマにした話を聞くようになったのは睡眠に悩みを抱えた人が増えているということなのでしょうか。ぐっすり眠りたいのであれば朝からの行動で決まると言っても過言ではないようですね。年の瀬も近づいて慌ただしい日々になりそうですが、良い睡眠で心も体も整えて過ごしましょう。

【募集中】11月25日夜 メルカリ出品待ちに片をつけよう

滝口担当のワークショップを開催します。2021年のうちに「メルカリ出品しなきゃ」から卒業しませんか。

【オンライン】プレシャスワークショップを定期開催
募集中 5月31日夜 もう洋服選びに迷わないワークショップ(担当:高橋) 洋服迷子からの卒業!以前の私は、おしゃれをするにはセンスが必要だと思っていました。センスのない私は、朝のコーディネートに時間がかかっ...
タイトルとURLをコピーしました