【衣替え】効率的な洋服の見直し方

こんにちは

PRECIOUS DAYS 整理収納サポートメンバー

ライフオーガナイザー(R)松本みつよです。

5月に入りだんだんと暑い日も増えてきました。私はシーズンが始まる前にクローゼットの見直しをしています。よく着るもの、好きなものだけにすることで、取り出しやすく選びやすいと感じるからです。私の見直しについてお話します。

見直すものを全出し

私が普段使っているクローゼットは扉3枚分です。
左側はオンシーズン、右側はオフシーズンのものを掛けています。この他にブラックフォーマルと冬のコートを入れている扉1枚分があります。こちらは、冬前のタイミングで年1回の見直しです。
普段使っているクローゼットには、インナーも含めてすべてかけています。クローゼットにかかっているものをすべて出すのに約2分。出したものは、大まかにトップス、ボトムスで分けました。

 

服を分ける基準

1枚1枚手に取り分けていきます。今回はこんな風に分けました。

①普段からよく着ているもの
②セミナーなどの場面で着るもの
③なんとなく手が伸びないもの

①普段からよく着ているものと②セミナーなどの場面で着るもので使用頻度に違いがあること、手持ちの服はそれほど季節の境目を感じないと思ったことから、掛ける場所を変えることにしました。

まだ着れる、そのうち着るかもしれない服の場所

私自身は「不要」と思ったらすぐに手放せる性格です。

「③のなんとなく手が伸びないもの」通常であればさっさとリユース、リサイクルなど手放すことが多いのですが、店舗の休業が続いていることから今回はまとめて保管することにしました。

というのも先日、息子のTシャツに穴が開いてしまいましたが、お店が営業していないので買い替えが難しいということが起こりました。同じことが起こるかもしれないと思ったため、今回は一時的に別の場所に保管することにしました。

まだ着れる、そのうち着るかもしれない。という服は手放すのが難しいものです。スペースに余裕がないときには、そんな服をいったん別の場所に保管するのも方法の一つ。

見直すことで手持ちの服を再確認することができます。クローゼットの中をよく着るものだけにすることでスペースに余裕が生まれ、取り出しやすく選びやすくなると感じています。

クローゼットの見直しを動画にしました

クローゼットを快適に!洋服の見直し

 

\お家に時間を有効に/無料お茶会のご案内

開始時間30分前までお申込みできます。

5月24日(日)午後 3つの質問ではじめる頭の中の整理
5月26日(火)午前 みんなで一緒に出品作業し隊

PRECIOUS DAYS お茶会のご案内
PRECIOUS DAYSお茶会のご案内 日本中、片づけの悩みは尽きません。だけど友達には「実は片づけが苦手」なんて相談はしにくいし、だからといってプロと一対一で相談するのはちょっと勇気がいる。「もっと気軽に片づけの悩みを話せる場...
タイトルとURLをコピーしました