滝口明子

滝口明子

【マスク不足】苦手な裁縫に挑戦しました

目下の私の悩みはマスクが手に入らないこと。当たり前のように使い捨てマスクに頼ってきましたが、在庫も底をつき、フィルター交換のマスクを購入しなんとかその場をしのいできましたがもう限界。しぶしぶお手製マスクを作ることにしました。
滝口明子

【体調管理】体温計の見直し

今日はエイプリルフール。先日の桜と雪のコラボレーションも嘘のような出来事でした。コロナウィルス感染拡大も嘘であってほしいと願いたいですがそういうわけにもいかず。私たちができることは自分の体調管理。自宅にある体温計が使えるかどうかチェックしてみました。
滝口明子

【着物の価値】30年ぶりに活躍した着物

コロナウィルスの感染拡大の影響を受け娘の大学卒業式典は残念ながら中止となりましたが学位記を受け取るために大学へは行くので、仲間と袴姿でキャンパスに集ってお金を出し合いカメラマンを雇い記念撮影をしてもらうことなりました。母である私ができることは袴の準備だけです。
滝口明子

【85歳母】スマホデビューしました

現在使っているガラケーが2020年3月末に使えなくなると連絡があり、スマートフォンをきらい頑なにガラケーを使い続けてきた85歳の母が「仕方なく」スマトフォンに買い換えることになりました。今日は悪戦苦闘中でありながら「使ってみたい」と母が思えたスマホ生活についてお話しします。
滝口明子

【マスクが足りない!】わが家の対策と必要量

新型コロナウィルスの影響でマスクが手に入りにくくなりました。わが家も花粉症用にある程度は常備しているマスクですが、そろそろ在庫が少なくなってきました。今日は私の「マスクが足りない対策」のお話です。
滝口明子

【プロの技】組立家具の目安時間とは

わが家の娘は4月から新社会人となり自由気ままな大学生活から毎朝同じ時間に出勤する生活になります。先日新生活にむけて部屋の模様替えをしました。今日はその中で私が思わずガッツポーズをした話です。
滝口明子

【引越し前】やっておきたい3つのこと

年度末の引っ越しシーズンになりました。引っ越し前は忙しいから新居に片づけのプロに来てもらって収納を整えよう!そう思われる方もいらっしゃるかと思います。プロを呼ぶなら引っ越し前?それとも引越し後?どちらいいのでしょうか?
滝口明子

【減プラスチック】地球に優しい歯ブラシ

普段の生活の中で使うプラスチックによる海洋汚染や生態系への影響が問題になっています。プラスチックを完全に排除することは難しいですが減らすことはできます。今日は燃やしてもCO2の増加もなく自然に戻る環境に優しい歯ブラシを紹介します。
滝口明子

【わが家の実例】大学生の娘と洗面所の片づけ

家の中に片づけても片づけてもすぐに散らかってしまう場所はありませんか?実は片づけのプロであるわが家にもいくつかあります。それは夫と大学生の娘も毎日使う場所。私が一番片づけに苦戦しているところは洗面所です。今日は思い切って洗面所を娘と片づけた我が家の実例です。
滝口明子

【定期便を使い切る】メルカリで新たに購入予定のもの

家族のライフスタイルの変化やそもそも味に飽きてきてしまったことでお届け定期便のカプセルが余ってしまって悩んでいたのは2ヶ月前のこと。今日は2か月たってその後どうなったかをご報告します。
滝口明子

【掃除は道具】窓や浴室にオススメのモノ

お掃除講座を受講してきました。掃除が得意なこま田と苦手だった山口による講座です。そこで得たものは「お掃除は楽しむもの」ということ。もちろん優秀な道具や洗剤を使うことも大事。お掃除熱に火がついた私がすぐにやったこととオススメのお掃除グッツを紹介します。
滝口明子

【捨てる?捨てない?】迷ったらこちらを選択

片づけをするたびに手放そうか残しておこうか、何度も迷うモノってありますよね。それは私たち片づけのプロも同じです。今日はライフオーガナイズの考え方ののひとつである「迷ったら捨てない」を実践し、22年間迷いながら手放さなかった湿度計のお話をします。
滝口明子

【変幻自在】紙袋が便利なゴミ箱

キッチンやリビングにはゴミ箱を置くもの、どうせ置くならインテリアにもなるかっこいいゴミ箱に憧れて買ったこともありましたが、そのお手入れや存在感が邪魔に感じるようになりました。今日は私が気に入っている「ごみ箱」のお話です。
滝口明子

【朝の習慣】自分をご機嫌にする小さなこと

2020年元日の東京は気持ち気持ちよく晴れ穏やかな年明けとなりました。今年もやりたいことはたくさんあるけれど、まずは自分がご機嫌でないと何をやってもうまくいきません。今日は私が一日を気持ちよく過ごすために朝一番にしていることをご紹介します。
滝口明子

【一富士だけじゃない】いい初夢をみるおまじない

地方により言い伝えは違うこともありますが、一般的には初夢は「1月2日の夜に見る夢」と言われています。 私は15年間「すばなし」というおはなしを語る語り手をしていました。毎年この時期になると必ず語る初夢の話を思い出します。
タイトルとURLをコピーしました