耳下腺腫瘍

耳下腺腫瘍

退院と退院後1週間【耳下腺腫瘍】

耳下腺腫瘍術後大きな麻痺や後遺症もなく無事退院。本当に幸運で幸福なことだと思います。命に関わる病気ではなかったからこそ手術するかしないかの選択は悩ましかった。
耳下腺腫瘍

術後経過と入院生活【耳下腺腫瘍】

耳下腺腫瘍手術後の傷口はやっぱり痛かった。そして一番驚いたのは入院生活って案外忙しいのだということ。
耳下腺腫瘍

手術当日手術後のこと【耳下腺腫瘍】

手術後のこと。猛烈な吐き気の原因とその解消、そしてその後の痛みで「手術」ってつらい・・・と弱気になりました。この辺はもう少し事前に説明して欲しかったですね。
耳下腺腫瘍

手術当日のこと【耳下腺腫瘍】

耳下腺腫瘍手術当日。順番が繰り上がって、家族が病院に到着するとすぐに手術室に向かいました。想像と違って自分で点滴を引っ張りながら歩いていきます。
耳下腺腫瘍

入院当日のこと【耳下腺腫瘍】

「まるでホテルみたい」入院の手続きがチェックインのように思えました。だけど保険の書類、手術の流れ・・・病棟に入ると「ああ、明日手術するんだ」とようやく現実のこととして考えるようになりました。
耳下腺腫瘍

入院準備の仕上げは「整理」三昧。

「入院準備」というとものを買い揃える方に気をとられがちですが、それよりもっと大切なことがあります。
耳下腺腫瘍

手術一ヶ月前術前検査【耳下腺腫瘍】

大学病院は広いから、レントゲン、血液、心電図・・検査のために移動することが大変でした。耳下腺腫瘍手術一ヶ月前、入院や麻酔の説明を聞きながらもどうでもいいことに意識がいってしまっていたのはやはりまだ実感がなかったからでしょうか?
耳下腺腫瘍

入院までにしたこと【耳下腺腫瘍】

手術が決まったら次に気になるのは入院準備。病院から言われたものとは別に「あったら便利」をネットで検索。そして保険の手続きもね!
耳下腺腫瘍

ちっぽけだけど大きなこと【耳下腺腫瘍】

命に関わることではないけれど、一生麻痺が残るかもしれないってやはり恐怖。だけどそんなことなんてとてもちっぽけなこと、って感じたからぐっすり眠れました。
耳下腺腫瘍

私の2011年3月11日【耳下腺腫瘍】

あの震災の日のことです。ちっぽけな私の半日ですが心細くてでも、自分で決めないといけない。テレビの映像も自分の身に怒っていることもどこか現実味が感じられなかった。
耳下腺腫瘍

悩めることはありがたいこと【耳下腺腫瘍】

耳下腺腫瘍の深葉 良性と診断されました。さて、手術をするかしないか、選択できることはありがたいことですが一生爆弾を抱えて生きるか、顔面麻痺のリスクを受け入れるのか・・・悩みました。
耳下腺腫瘍

検査結果は【耳下腺腫瘍】

どんな時も結果を待つというのはドキドキするものです。細胞検査、MRIの結果は良性、だけどちょっと厄介、そんな感じでした。
耳下腺腫瘍

大学病院初受診【耳下腺腫瘍】

自分の病気で大学病院にかかるのは初めてのこと。問診票に何気なく書かれている「告知」という言葉、腫瘍、多分良性・・・そんな小さな言葉の一つ一つに敏感になります。
耳下腺腫瘍

病は突然やってくる【耳下腺腫瘍】

首にできた小さなしこり。「大丈夫ですよ〜」と医師に笑い飛ばされると思っていたらなんだかいつの間にか大学病院の予約ということになっていました。
タイトルとURLをコピーしました