片づけの基本のおさらい【整理・収納・片づけの違い】




案外混乱している方が多いのが

「整理」「整頓」「収納」「片づけ」「掃除」の違い。

ここがごちゃごちゃになっていると「部屋を片づけてもすぐに散らかってしまう」原因になります。

4つの言葉の違い

整理はモノを「使う使わない」や「使わなくても持っていたい」などに分けること。

整頓は見た目を整えること。

収納は整理したものを使いやすい方法、場所に収めること。

片づけは使ったモノ、新たに買ったモノを収納場所に戻すこと。

掃除はホコリやゴミをはらったり、ふいたりすること。


例:寝る前にダイニングテーブルの上にあるダイレクトメールやプリントの束

【整理】

中身をチェックして、不要なモノは処分。
必要なモノだけにする。

【整頓】

要不要の判断はしないで、DMやプリントの角を揃えてまとめたり、テーブルの端まとめておく。

【収納】

【整理】したプリントやDM(必要なモノだけ)をファイルや引き出しなど使いやすい場所に収める。
(収める場所を決める)

【片づけ】

すでに収納場所が決まっているものを、その場所に戻す。

【掃除】

片づけ終わったテーブルの上を拭く

さてこうやって分けてみてあなたはどれが得意ですか?

どれが苦手ですか?




たとえば私は

片づけが苦手

ブログなどでは「片づけが得意です。」と言っていますがこうやって細かく分けてみると実は「使ったものを元に戻す」ことが苦手です。

面倒くさがりやなので^^;。

使った後の、言ってみればすでに用が終わったものを、たとえ数歩でも収納場所まで持って行って引き出しを開けて・・戻すなんて面倒くさい・・・・。

「出しっぱなし、使いっぱなし」になる方は多いのではないでしょうか。


だからこそ私は

整理と収納にこだわります。

「片づけ」が面倒くさい原因は「戻しにくい」から。

「戻しにくい場所」

・使う場所から離れている
・扉を開ける、引き出しを開ける、箱の蓋を開ける、などアクション数が多い。
・引き出しや、箱がたくさんあって、「あれ?どれにしまうんだっけ?」と分かりにくい。

「戻しにくい空間」

・すでにものがぎゅーぎゅーに入っていて、「スッ」と入れられない。

モノが多いとどうしてもギューギューになりやすい。

だから本当に必要なものだけを持つように心がけます。


「片づけの手間をかけてでも持っていたいもの?」

整理するときの私のキーワードはこれです。

「うん、だってよく使うから」

「うん、だって大好きなものだから」

「うん、だって冠婚葬祭には必要だから」

と、言えるものを残していきます。


モノが減ると「片づけるもの」も減りますから、片づけられないものも減っていきます。


「整理」「整頓」「収納」「片づけ」「掃除」

あなたはどれが一番苦手ですか?

どれが苦手か考えてみてね(^^)。

明日は「片づけ」が苦手な私の「収納」について書きますね。





にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村