逢甲夜市&エビ釣り【台湾旅行夜遊び】


2016年12月28日から2017年1月2日まで台湾旅行に行ってきました。

海外一人旅初めての主婦の記録です。


台湾旅行2016

台湾3日目は新幹線にのって台中へ。


友人すずめさんと、すずめさんのお嬢さん(女子大生)と、そのお友達と4人旅。

午前中は鹿港観光☆
午後から台中へ「フォトジェニックなアイスクリーム【宮原眼科&台中第四信用合作社】」

そして夜は

逢甲夜市

逢甲大学のすぐそばにある夜市です。洋服やアクセサリー、スマホグッズは若者向け何ですが、食べ物も充実。
とにかくすごい人ごみで活気があり、それだけで楽しくなるような場所です。







こちらでは一緒に行動していた女子大生二人チームと、母チームに別れて行動。

すずめさんと私はブラブラと歩き、ちょっと小腹が空いたかも?と夜市グルメを楽しむことに。

大腸包小腸







「一体何???」って一瞬思いますが、台湾ではポピュラーな食べ物のようです。

「腸」という言葉から想像できるようにソーセージ、「包」から想像できるようにホットドッグ。

だけどこれはライスホットドッグなのです。







中身はソーセージ。外の白いものはもち米を腸詰したものなんだとか。

その辺のベンチに座り、コンビニでビールを買ってきていただきます。
名前はちょっと・・・ですが味は絶品。ビールにあうし、ジャンクな感じがたまらない!


深夜の遊びはエビ釣り

新幹線に乗って台北に戻ったらすでに夜の9時を回っている。
東京だったら「楽しかったね、バイバーイ」となるところだけど、台湾の夜は長い。

「エビ釣りに行かない?」って話に。

エビ釣り??って想像できないけど、せっかくなんだから行ってみよう!

外雙溪車輪釣蝦場

行ってみよう!と言ったところで私一人では行けないから、すずめさんたちに連れて行ってもらう。







絶対一人じゃ入れない(笑)

中はこんな感じ。







釣り堀そのものですね。

受付で竿をかりて餌をもらいます。
料金は竿一本あたりいくら・・・のようで、すずめさんと私は二人で一本、女子大生も二人で一本借りました。

餌をつけます。(私は不器用なのでここでもすずめさん頼み)







あとは待ちます・・・・待ちます・・・・ひたすら待ちます・・・

ようやく







釣れました。

釣れたら、調理する場所があるので自分たちで下処理をし

焼く!
(ほぼほぼ女子大生にお任せしましたが^^;)

出来上がり



女子大生たちが仲良くなった親子連れが「自分たちは釣ることが楽しいから」とエビを分けてくれたのでたくさん食べることができました。


すずめさんとそのお嬢さんのおかげで、私だけだと絶対できなかった!体験をさせてもらいました。
ありがとうございます。

とはいえ、台湾は治安がよくタクシーが便利なので、知識と慎重さがあればだれでも楽しめる街だと思います。

自由が丘主婦すずめさんのブログはコチラ。台湾に行く方に参考になる情報がたくさんです。





にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村