上海蟹の季節!上海・蘇州旅行2017秋 2日目蘇州日帰り観光 その1


上海蟹の季節!上海・蘇州旅行2017秋〜出発まで
上海蟹の季節!上海・蘇州旅行2017秋1日目 上海蟹とマッサージ

2日目は新幹線に乗って蘇州へ日帰り観光です。
朝の天気予報を見るといきなりテンションが下がる(笑)

「重度の汚染」(^_^;)
中国を感じます。

上海駅

地下鉄で上海駅へ。
新幹線に乗るにはパスポート等の身分証明を見せて駅の中に入ります。
飛行機のように荷物検査もあります。
(チケット購入時にも身分証明が必要です。)

そして驚いたのが乗るためのゲートがあること!
飛行機のようにゲート近くの待合室で待ち、ゲートが開いてから自動改札を通りホームに行きます。
これはホーム上の混雑を避けるためのようです。

蘇州までは新幹線で約30分。
約600円です。
東京-新横浜は18分で1360円ですから安く感じました。

まずはラーメン

蘇州到着後、情報誌や口コミ等で有名なラーメン屋さんに向かいます。

「同得興」

新幹線の蘇州駅から地下鉄で4つ目「楽橋」駅から徒歩5分。
電車の駅から近いことは旅行者にとってとてもありがたいですよね。

あっさりとした白湯の細麺。
でもコクがあって美味しい。お肉と野菜のトッピングをつけました。
麺の量は多分日本のラーメンの2倍くらい?ずっしりとありますが美味しいので完食できました。

続いて

拙政園

世界文化遺産に登録されている庭園。
中国の4大名園の一つ。

地下鉄の駅を出た途端「観光ガイド」「タクシー」自転車で引く人力車のような人たちから声をかけられます。
これが本当にしつこくて大変です。
都度「中国語がわからないからガイドは意味なし」ということを夫に言ってもらい振り払う感じ。

公園の中は静けさと歴史を感じるはずが日曜ということもあり「人」「人」「人」「人」・・・大混雑。
お庭は美しく手入れされている・・・というより古いものを丁寧に残してあり歴史を感じるという印象でした。

日本の庭園はビシッとかっちり美しくあるいみ人工的なくらい管理されていますが、こちらはその辺、ゆるーい感じ。
古いものは古いまま・・・ってかんじました。

順路の最後の方にあったVRを体験。
これがなかなか面白かったです。

こんな中国チックな乗り物?に入ります。

メガネ?をつけて椅子に座るとアニメーションですがタイムトリップした光景がみられます。

実際に風を感じたり、手を伸ばすと動物に触れたり・・・古いものと文明の融合が本当に面白い!!と感じました。

山塔街

こちらは運河沿いの街を観光します。
景色も良い・・けれどあまり長時間は不要でしょうか。

寒かったこと、朝早かったこともありスタバで1時間近く休憩しました(笑)

日本のスタバはいつも混雑している・・・印象ですが、こちらは現地の物価にしてみれば割高なようで空いていることが多いです。
中国観光で私が疲れを感じるのは人の多さと賑やかさ。
人混みに疲れるのかも・・・。

普段甘いものは飲まないけれどこのピーチティの美味しかったこと!!

インテリアも落ち着いていてホット一息。

ここでようやく午前の部終了。

午後からも観光は続きます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村