2018年10月シンガポール旅行日記その1 【プリペイドSIMで快適】

こんにちは あなたの「忙しい」を「充実している」にかえる
東京のライフオーガナイザー 下村志保美です。

2018年10月7日から10日まで3泊4日でシンガポールに行ってきました。

今まで経由地として何度か訪れていましたがシンガポールが目的の旅行は今回はじめてです。

備忘録として、またどなたかの参考になればと思い記録しておきますね。

あえて昼便を選択!

シンガポールまでは約7時間、限られた時間を有効に使うためにはやはり夜間のフライトなのでしょうが体はキツイ(笑)今回はあえて午前中羽田発、午後シンガポールに到着する便を選びました。

シートは追加料金を支払うと前列の足元が広い座席を指定できます。

他の席であれば前の座席の足元にバッグなどを置いておけますが、このシートは離着陸の際は上の荷物入れに入れなければならない・・・などの制約はありますが、広いしトイレも近いし・・・やはり楽でした。

機内では映画「オーシャンズ8」をみて、軽くお酒を飲んでうとうとしていましたら・・・・・あっという間に到着です。

お昼の便はやっぱり楽です。

到着したら両替&SIMカード購入

出張で海外にいくことが多い夫ですらこのシンガポールのチャンギ空港の入国は驚くほど早いです。

ほぼ列に並ぶことなく入国。指紋を取られますが他の国のそれより早い。

ここで指紋を登録することで出国も機械でサクッとできます。

入国したら両替&SIMカード購入。

チャンギ空港では両替のカウンターで購入できましたが・・・。

今まで香港や台湾でSIMカードを購入したときは店員さんがカードの入れ替えから設定までチャチャっとやってくれてましたがここは自分でやります。

カードを入れ替えただけではうまく繋がらなかったので再起動すると問題なくシンガポールのSingtelとつながりました。

私の買ったものがミニマム、つまり一番安いものですが、7日間有効、100GB使えて$15(日本円で1300円)。

まあ、100GBなんて使い切りませんしFacebookやLINEは使い放題なので問題なし。

Wi-Fiルーターをかりていた時に比べてとても身軽で経済的です。

SIMカードを入れ替えて使うには

日本で格安スマホを使ってらっしゃる方はほぼSIMが入れ替えられるはず。
(ご自身が契約している通信会社に要確認ですが)

わたしはauユーザーですが機種変更して101日目からはSIMロックが解除されます。つまり101日目からは海外に行ったらSIMカードを海外のものを購入して使ってもいいということです。(機種を一括購入している人はこの縛りはありません)が、必ず事前の手続きが必要になります。

結論としては海外にいくことが決まったら携帯電話会社に聞いてみるといいですよ。

「なんだか面倒くさそう」「難しそう」と決め付けないでやってみることで便利と快適を逃すのはもったいないですよね。

シンガポール空港シャトルバス

空港からは日本から予約したシャトルバスを使いました。

こちらの会社です。

VOYAGIN

この会社はバスだけでなくシンガポールのアクティビティなどのチケットの予約サイトを運営しています。

一人片道$9(約740円)です。

タクシーよりももちろん割安なのですが4つのターミナルをぐるぐる周りそれから市内にいくので一番はじめのホテルだった私たちでも50分かかりました(^◇^;)。

帰りはホテルからタクシーにしましたら10分ちょっとで到着。

料金は$37(約3000円)。かかる時間を考えると次からはタクシーにするかなぁ。

ということでようやくホテルに到着!

チェックインから先の話はまた次回に

現在募集中の講座
2018年10月20日(土)午前ライフオーガナイザー 入門講座
2018年10月20日(土)午後メンタルオーガナイズ エッセンスセミナー
2018年10月27日(土)ライフオーガナイザー 2級認定講座
2018年11月23日(金・祝)午前ライフオーガナイザー入門講座
2018年11月23日(金・祝)午後メンタルオーガナイズ エッセンスセミナー
2018年12月1日(土)ライフオーガナイザー 2級認定講座
2019年1月26日(土)ライフオーガナイザー2級認定講座