入院準備の仕上げは「整理」三昧。


こんにちは

東京江東区 暮らしの仕組みづくりサポーター 
マスターライフオーガナイザー 
メンタルオーガナイザー
風水インテリアアドバイザー 
家計アドバイザー 下村志保美です。



5年前の「耳下腺腫瘍」について週に一度のペースで書いています。
前回までのことはこちらから↓

病は突然やってくる【耳下腺腫瘍】
大学病院初受診【耳下腺腫瘍】
検査結果は【耳下腺腫瘍】
悩めることはありがたいこと【耳下腺腫瘍】
私の2011年3月11日【耳下腺腫瘍】
ちっぽけだけど大きなこと【耳下腺腫瘍】
入院までにしたこと【耳下腺腫瘍】
手術一ヶ月前術前検査【耳下腺腫瘍】

※2011年のことです。現在私は元気です。


入院前1ヶ月は整理

書類の整理

「悪いことは考えない方がいい」とはいうものの、私にもしものことがあったら一番大変なのは夫と子ども。

保険、銀行等の金融機関に関することを一覧に書き出しました。
ついでにエンディングノート的なものも書きました。

だけど書いたことは家族には伝えませんでした。

私が不安がっていると思われたくない強がりの気持ちと、
家族に心配をかけたくないという気持ち。

それらは「ママだったらここにしまってあるだろうな」と家族が簡単に予測がつく場所に置いておきました。

冷蔵庫の整理

特に冷凍庫。
一度空っぽにリセットして、家族の好物で冷凍できそうなものを作り置きしました。

ロールキャベツ、ひじき煮、豆カレー、テリヤキチキン・・・・チンすれば食べられる状態に10食分作りおきました。

結局これらを家族が食べきることはなかったけど、退院後、料理をする気に慣れない時に私を助けてくれました。
作りおき万歳!!

タンスの整理

万が一の時、誰がタンスの中を触るかわからないので、特に下着類、ソックス、タイツなど、微妙な状態のものは処分し綺麗なものだけに整えました。

仕事の整理

当時は大学の研究室で働いていました。
手術をした8月は夏休みで一年で一番暇な時期。
直属の上司(教授)と秘書仲間の一人にだけ入院と手術のことを伝えました。

仕事の整理・・・といってもその時にだれかに引き継げる訳でもないので、デスク周りをきれいにそうじしておきました。

仕事は2週間休みました。

次に戻ってくる時はどんな顔になっているのだろう?周囲がびっくりするような麻痺が出ていないといいのだけれど・・・不安でいっぱいでした。






入院手術を伝えたのは

夫&娘&主人の母

上司&同僚

近所の友人1名

この6人だけ。

母はとても心配性なので母には言えませんでした。(今も言ってない^^;)

入院の保証人

入院するには夫の他にもう一人保証人をたてる必要がありました。
東京に頼める親類がいないので職場の同僚に書いてもらいました。

入院の際に困ったことはこの保証人を誰にお願いするか・・でしたね。





にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村