「保管」と「保存」を分けて片づける



「保管」と「保存」の意味の違い、ご存知ですか?

国語的な意味の違いよりも、洋服でもバッグでも食器でも、写真でも、書類でも・・・

「保管」なのか「保存」なのかを意識するだけで片づけの効果は随分変わります。

保管と保存の違い

あくまでもこの定義は文書(書類)に関してなのですが

保管

よく使うもの。
これから先、使うもの。
少し前まで使っていて、また使うかもしれないもの

保存

使わないけど持っておく必要があるもの。
頻繁には使わないけど、もしかしたら使う可能性があるもの。
(文書であれば)法的に保存が義務になっているもの。


片づけがうまく行かない理由 その1

1. 保管と保存が混じっている

食器

よく使う食器 → 食器棚に保管
使わないけど義理があって手放せないもの → 押入れの奥に保存

洋服

よく着る、冠婚葬祭で必要 → クローゼットに保管
気ないけど思い入れがある服 → 押入れの奥に保存



厳密に言うと上記のルールとは違うのですが日常のものに置き換えた例では

お子さんの通信教育のもの

毎月届く教材 → 保管
受講ガイド等 → 保存

保険関係の書類

すぐに手続き・確認するもの → 保管
証券、約款 → 保存



保管と保存をわけるだけで、保管(使う)収納の中のものが減り、使いやすくなります。


片づけがうまくいかない理由 その2

「保存」が多すぎる

保管と保存とわけてみたら、

「あれ!こんなに保存がある」に気がつきます。

保存=使わない、ものですから使わないもののためにどれだけスペースを使っているかがわかります。

もちろん使わなくても持っていたいものはありますし、あっていいのです。

だけど持ちすぎると暮らしを圧迫します。

保管する、いつも使いたいものが使いにくくなります。

生活するスペースも狭くなります。

保管と保存を分けて毎日を快適に。

家の中の「使いやすい場所」は限られています。

使いやすい場所に「保存」していませんか?

使いやすい場所を「保管」のために使うとあなたの毎日はより、快適になります。





にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村