一時的な書類の収納は期限を書く

先日修理に出していたカメラが無事元気になって戻ってきました。

こういう時って書類がまた増えます。

この修理票は今回の修理から3ヶ月以内にまた同じ箇所で不具合が出た場合は無償で修理します、という保証書のようなもの。

こういう短期間だけの保管書類は処分する日付を付箋に書いて

「現在進行中の書類」のところに入れておきます。

溜めない工夫

これを取扱説明書などと一緒に入れてしまうと、ずっと目に触れないので期限が来ても処分ができません。

取扱説明書の整理をしていると期限切れの保証書、たくさん出て来ますよね?

その時いちいち「これ、いつ捨てていいのかな?1年保証?5年保証?」って考えるから整理がめんどくさくなるのです。

書類が入って来たときに処分する日を大きく書いておく、

そして取扱説明書と保証書は保管期限が違うので別々に保管する。

それだけでずいぶん溜まり方が違います。

収納する工夫だけでなく溜めない工夫が大切です。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村