保険書類の収納のコツ


多分どのご家庭にもあるであろう、保険の書類、どのように保管していますか?

保険の書類って

1. 保険証券

2. 約款 

3. ご契約内容のおしらせ

主にこの3つがあります。

1. 保険証券

保険の内容が書かれています。
原本も必要ですが、私は火事やその他災害時に紛失してもわかりやすいよう、Evernoteでも保存しています。

2. 約款

分厚い冊子になっていることが多いです。

1契約につき一冊。ご夫婦それぞれ全く同じ保険に入っていたとしても、家庭には2冊あることになります。

が・・・わが家は処分しています。(←自己責任で。私はこうしています、ということですので。)

保険の内容について疑問があった時や、この病気で保険は支払われるのかな、って思った時、私は多分約款を読むことなく、電話で問い合わせると思ったから。


3. ご契約内容のお知らせ

毎年届くと思います。内容を確認して問題なければ処分していい。
「なんだか不安」って思ったら一番新しい分だけ保存しましょう。

捨てていいのかわからないから・・・とずっと保管している人もいますが、新しい分があればいいです。

わが家の保険書類収納

Before 

「保険」とひとまとめにしてファイリングしていました。

さらに「保険会社ごと」に分けていました。



人ごとがオススメです。

保険を使う時は、病気や怪我で保険が必要になった時。

使う場面を想像すると、保険会社ごと、より「夫」「妻」「子ども」など人ごとに分けておいたほうが一目瞭然です。

たとえば、わが家の場合、娘は学校を通じて団体保険に入っています。

今までは学校関係の書類にファイリングしていました。

よく考えると、娘が病気をしたら、医療保険はとっさに思い出すでしょうが、この団体保険、学校関係のところに入れていたら忘れてしまうかもしれません。

After

それぞれごとにファイリングしました。



これで夫になにかあった時は夫のファイルを、私になにかあったら私のファイルを見ればいいですね。

マスターライフオーガナイザー
ファイナンシャルプランナー
下村志保美





にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村