今年の終わりに言いたいセリフ

2018年1月11日 一粒万倍日、大安の日にお仲間と初詣&ドリームマップワークをしました。

9マスのマンダラートで2018年を思い描く

昨年夏に一度やったことがあるマンダラート。
まず中心の9マス。

中心は2018年全体のテーマ
そして周囲の8マスは

1. 健康
2. 社会
3. 仕事
4. 人格
5. 経済
6. 学習
7. 家族
8. 遊び

これらを入れていきます。

・・・って言われても^^;なんですよね。
そのときヒントとして「どうなったら最高?を書けばいいよ」とご一緒した編集脳アカデミーの藤岡信代さんにアドバイスをいただきました。

私は2018年が終わったとき「こう言えたら最高!」な言葉を書き込みました。

1. 健康

ご飯がおいしい、お酒が美味しい!そう思えるのは健康な証拠。
2018年が終わるとき「今年もお酒が美味しかった!」って言っていたい。

2.社会、3.仕事、4.人格

左の3項目。
これは仕事、地域、仲間、そして家族(小さな社会だから)から「ありがとうございます」とたくさん言ってもらえる一年にしたいのでこう書きました。

「お役に立ててよかった!」
「私を選んでご依頼くださりありがとうございます」
「私にありがとう、って言ってくれてありがとう」

ありがとうでいっぱいの一年にしたいです。

5. 経済

自分の中で2017年までは「贅沢だからやめておこう」って思ってたことをする一年にしたいです。
それは大金が必要なことじゃなくてもよく、

「払おうと思えば払えるけどこっちでいいや」をやめてみる。

「これでいい」ではなく「これがいい」でたくさんの一年にしたい。

6. 学習

この数年「本が読めてない」ストレスマックス。
ついつい後回しになるので今年は時間のオーガナイズの大きな石に
「本を読む」を入れます。

7. 家族

そういえば今年は結婚25年、銀婚式です。
互いを尊重し、いたわり、助け合うことを意識したい。
「家族になってよかった」
家族3人が思えるような行動をしたいです。

8. 遊び

なんてったって今年の中心は「楽しかった!」ですから、これには全力で取り組みます。

遊ぶことが楽しいのは遊んでない時があるからこそ。
楽しく遊ぶためにも仕事も家庭も全力で取り組みます。

中心が書けたら一つ一つを細かく落とし込みます。

たとえば仕事の部分であればこんな感じに。

「私を選んで依頼してくださってありがとうございます」と言えるために思いついた言葉をポンポンと書き出しました。

書き方のコツ

1. 肯定文にする

「病気にならない」 →「健康にすごす」

※私はこの「健康にすごす」をもっと具体的にするために「お酒が美味しい」と書きました。
具体的なイメージの方が頭に思い描きやすいし、思い描いたことは叶いやすい。

2. 「どうすれば how」は考えない

叶うかどうか、やる方法があるかどうかはあとで考えればいい。
そこを先に考えると単なる「to do リスト」になってしまいます。
さらに夢がしぼんで「ドリーム」じゃなくなっちゃう。

やりたいこと、なりたい自分だけをイメージする。

マンダラートはノートに線を引けばいつでも誰でも書けます。
思考の整理になるし、自分が(義務ではなく)すべきこと、向かう方向も見えてきます。

今回ご一緒したのは藤岡信代さん新妻千枝さん北村めぐみさんまるもかよさん福嶋やすこさん