「あったら便利」を手放す【2016個手放すプロジェクト】

こんにちは

東京江東区 暮らしの仕組みづくりサポーター 
マスターライフオーガナイザー 
風水インテリアアドバイザー 
家計アドバイザー下村志保美です。

まだまだ日中は暑いですが、そろそろ秋物も必要になってきましたのでクローゼットの見直しをしました。

手放した服



dsc_6394


通販で買った服

真ん中のグレーの服。

片づけ作業に行くときに良さそう・・・と1000円のものをネットで買いましたが、色が写真と全く違っていた。顔色が悪く見える( ; ; )

白のワンピース

街中で同じ服を着ていた女性を発見。
私より20歳以上年上だと思われる方でした・・・気分がぐっと下がってしまう。

量販店で買った服

ロングカーディガン

お尻が隠れるから・・・とロングカーディガンを購入しましたが、肩幅のある私が着ると全体が「どすこい!」って感じに見えます。
一度だけ無理やり着ましたが、二度と着る気になれない。

実は通販でも一枚買っていましたが、これをきるとお尻が隠れてもより太って見えるので2枚とも手放します。

Tシャツ

骨格的にVネックのシンプルなTシャツがいいのだけど、なかなか売ってない。
レディスのLでも肩幅がきつい・・・・。

お試しで買った某量販店のTシャツは、形とサイズ感はよかったけど

一度洗ったらこの通り↓



dsc_6395



その後あれこれ探して試して、ユニクロのメンズTシャツMサイズ(Vネック)が価格、質ともに良さそうです。ジャケット等のインナーであればこれが一番かも。

あったら便利

ずっと前から持っている白のシフォンのブラウス。
一枚あると便利なんだけど、私には似合いません。
似合わないけど、「いざってときにあったら便利」。

結局しばらく着ていないので処分。

着倒した服

裏地なしの紺のジャージ素材ジャケットは、着心地もいいし、ウール地と違ってかしこまった感じもしないからとっても便利でした。

便利すぎて2年間着倒したらついにほつれが・・・・・

十分働いてくれてたことに感謝してさようなら。

img_4435

反省点とよかったこと

反省点

「あったら便利」、「これ、いいかも」と安易な気持ちで安価な服を買ってしまったこと。

「それ、1万円でも買う?」って自分に問いかけることを忘れていました。

よかったこと。

洋服の数は少ない方です。洋服一枚あたりの使用頻度が高い。
そうすると傷みも早いので、手放しやすくなります。

明らかにボロボロになれば「いつか使うかも!」は無くなります。

洋服の数が増えすぎるのを防ぐことができます。



今回の手放し

その他夏の間パジャマ代わりに着ていたTシャツも処分したので

マイナス15個

2016年に2016個のものを手放す 今までの合計1170個

残り846個








にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村