原因を探さないほうがうまくいく

こんにちは
東京江東区暮らしの仕組みづくりサポーターライフオーガナイザー下村志保美です。

せっかくキレイに片づけたのにまた散らかってしまった、そんな経験はありませんか?
そしてまず「どうしてうまくいかなかったのだろう」と原因を考えてしまう方がほとんどではないでしょうか?
「そうそう!やっぱり原因を突き止めないと解決できないからね」と思う方は、試しにそれを止めてみてください。

脳は言葉を聞いている

言葉を発する自体脳が働いているからなんですが・・・そこは一旦おいておいて^^;

例えば「どうして私は片づけがうまくいかないのだろう」と言葉にすると(頭の中で考えると)
脳は「うまくいかないイメージ」ばかり探し始めるそうです。
つまり頭の中は

うまくいかないこと
  でいっぱい。

逆に「どうすればうまくいくのだろう」と言葉にすると(頭の中で考えると)
脳は「うまくいく方法」を考え始めるそうです。

頭の中には「うまくいく方法」がいくつも出てきます・・・とうまくはいかないかもしれませんが、前者の「うまくいかないことでいっぱい」よりはいいですよね。

2f05b4756dbc928466d37531119e364e_s

原因を考えるってこういうこと

例えば私・・・外出から帰ってきて着替えた服をハンガーにかけるのが苦手です^^;

ついついクローゼットの横のベッドにポイっ。

そしてそんな自分に罪悪感を感じてしまいます。
「どうして私はちゃんとできないのだろう」

原因はこんなこと

1.トイレに行きたい
2.お腹が空いている
3.単に面倒

じゃあ、

トイレに行くのを我慢してハンガーにかける
お腹が空いているけど我慢してハンガーにかける
面倒だけど頑張ってハンガーにかける

と、我慢して頑張るしかないのです。

これでは続かないですよね。

DSC_5409

どうなりたいかを考えるってこういうこと

私は日中はどんなにバタバタ慌ただしく過ごしていても、寝る時だけは優雅な気持ちになりたいです。
だから「寝よう」と寝室に入る時は

間接照明が付いていて(天井の蛍光灯をつけなくていい)
ベッドは整い
もちろん洋服は片づけられている状態にしておきたい。

そしてどんなに遅くなってもベッドで本を読んだり、録画した番組を見てリラックスする時間を作りたい。

だから脱いだ洋服は、
脱ぎっぱなしにせず、ハンガーにかけておく。

どうでしょうか?原因を探って解決するより、気分がいいでしょう?

気分がいいことは「やろう」という気持ちになります。
そして続けることができます。



さて、お部屋を見渡してみてください。

そして「ここがこうなればいいな」を一つ見つけてくださいね。





にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村